LOADING

Type to search

BBFAW(ビジネス ベンチマーク オン ファーム アニマルウェルフェア)は、畜産動物の福祉を向上させることを目的としたベンチマークだ。

BBFAWの「動物福祉に関する国際投資家宣言」には、2019年8月現在、341兆円の運用資産に相当する31人の投資家が署名している*。宣言文書には、食品企業へ投資する際に動物福祉を考慮すること、食品会社がアニマルウェルフェアを管理するためのツールとして、BBFAWの評価を使用する勧めることなどが書かれている。

BBFAWは、毎年食品企業のアニマルウェルフェアを評価して公表している。

評価項目は多岐にわたるが、一部をあげると、次のようなものがある。詳細はBBFAWのレポートを参照いただきたい。

  • 包括的なアニマルウェルフェアポリシーを持っているか
  • 予防使用のための抗生物質の削減または回避に関して明確な立場を持っているか
  • 畜産動物の閉じ込め飼育や集中飼育を回避するという明確な立場を持っているか(妊娠ストール、バタリーケージ、強制給餌など
  • 畜産動物に対して日常的な体の一部の切断(去勢、歯の切断、尾の切断、角の除去、嘴の切断、魚のヒレの切断など)を回避するという明確な立場を持っているか
  • 屠殺前のスタニング(気絶処理)をしていない動物の肉や、ヒレのある魚の場合、無感覚にする処置をしていない肉を回避するという明確な立場を持っているか

2017年からは日本企業も評価対象に入って来たので、どのように評価されたのか見ていきたい。

* The Global Investor Statement on Farm Animal Welfare BBFAW

2018年評価

2018年は150の食品会社が評価され、日本企業はうち5社。昨年の2社(イオンホールディングス、セブン&アイホールディングス)に、日本ハム、マルハニチロ、明治ホールディングスが加わった。

https://www.bbfaw.com/benchmark/

残念ながら、昨年に続きイオングループもセブン&アイグループも6段階評価で最低の6にランクイン。あらたに追加された日本ハム、マルハニチロ、明治ホールディングスも6という結果だった。

2017年の評価

評価対象となった企業は110。これまでBBFAWの評価に日本企業は含まれてこなかったが、2017年の評価で初めてイオングループ、セブン&アイホールディングスが含まれた。

驚く結果ではないが、イオングループもセブン&アイグループも、最低評価の6にランクインした
理由は確認するまでもない。アニマルウェルフェアについてのポリシーは両社には現状ないようである。またアニマルウェルフェア製品の取扱いもほとんどない。具体的な取り組みも特には見られていない。

https://www.bbfaw.com/benchmark/

小売店は、消費者に対する訴求力もあれば、生産者に対する影響力も大きい。日本はまだアニマルウェルフェアが絶対的に割合が少なく、量が足りていないことは明らかだ。しかし、その状況に甘え、供給が確保できない可能性があるからとアニマルウェルフェアへの取り組みを先延ばしにし、リーダーシップを全く発揮できない日本企業は、はたして世界で通用するのだろうか。
日本のスーパーマーケット上位2社であるイオングループと、セブン&アイグループが、これからアニマルウェルフェアをどのように判断し、高めるのか、放置したままで世界で勝負するのか、注目したい。

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE