LOADING

Type to search

輸送

牛の輸送は長距離に及ぶ場合がある。
日本では、東京都中央食肉市場で屠殺すると高額で取引されるという事情があり、南は鹿児島、北は北海道まで全国からトラックに乗せられ運ばれてくる。そうなった場合、長距離、長時間を牛たちは耐えなくてはならないことになる。休憩なしや渋滞なしでも16時間はかかる。

牛は一日60リットル、泌乳牛などであれば180リットルの水を飲み、暑い日であればより多くなる。そしてその分だけ排泄もする。牛たちは脱水やストレスに苦しむ。
本来であれば、常時水が飲めるトラックの設計が必要であり、弱い牛のためには定期的に手動で水を与える必要がある。そしてトラック運転手は、こまめに水を与え、糞尿を清掃しなくてはならない。

たとえ距離が短かったとしても、屠殺場に到着した牛たちの多くは、疲労し、口の周りには泡がついた状態であることが多くある。

係留所

屠殺場に到着後は、係留所に入れられる。短い綱で繋がれてしまうこともある。

牛はとても臆病な生き物だ。見知らぬ場所に連れてこられ、知らない牛の鳴き声と様々な機械音を聞き、何度も食肉解体所のほうを伺い、容易にトラックから降りようとしない。その怯えて動かない牛のしっぽを折り曲げ、繰り返し執拗に捻り上げ、副蹄や下半身を蹴り上げ蹴りあげ、無理やり歩かせようとする。700kg、800kgの牛を歩かせることはそれでも難しい。結局どんなに暴力をふるったところで、うまくハンドリングできない。

豚同様に、OIE動物福祉規約には牛がどのような性質を持っているのか、どうハンドリングすれば牛に負担をかけずにスムーズに牛を歩かせることができるのか、記載されているが、国内ではその規約そのものが周知されていない状況だ。

屠殺

牛は日本ではキャプティブボルト(屠畜銃)を眉間に打ち、失神させ、片足を釣り上げて逆さ吊りにして、喉を切り裂いて失血死させる。失神は失敗することもあるし、首を切られてから意識を取り戻すこともある。これは豚も同じことだ。

屠殺場の改善の第一人者であるテンプル・グランディンの研究によると最高の状態の屠殺場でもスタニングの成功率は平均97%〜98%*1であった。別のある管理された屠殺場では1.2%の牛は足を釣り上げられるまでに意識を取り戻した*2

別の英国の研究でも、1つの屠殺場では6.6%が、別の屠殺場では1.7%がスタニングに失敗している*3。2016年の研究では12.5%が不十分なスタニングであったとしており、特に若い牛は失敗する確率が高く16.7%が不十分なスタニングであった*4

畜産動物の福祉は、日本はDレベル、英国はAレベルと日本は福祉が低い。スタニングの失敗率や屠殺場の福祉の研究が日本にはないが、推して知るべしである。


写真 L214

改善の努力をはじめて

の動物においても、屠殺時のスタニングは失敗されることが多々ある。鶏に至ってはスタニングすらしていない。福祉に無関心であることこそが、失敗率を上げ動物を苦しめる一番の要因である。

実際、屠殺場や関連当局の要請によりスタニングの失敗の原因や割合を調査した研究では、「最も事故の少ない屠殺場を管理する会社は、屠殺場の特定の要求に合致したスタニングシステムを採用し、経営者が動物福祉を特に重視していた。スタニングの有効性を監視し、継続的に改善することに関して、これらの企業は、実務スタッフ、技術者、アニマルウェルフェア管理者、獣医師、必要に応じて外部専門家(von Holleben 2009)の良い協力関係があった」*5という。

誰が変えるのか

市民全員が改善と議論をするという責任を負っているはずだ。この社会が行っていることであり、ほとんどの人がこれまでに屠殺された動物の肉を何らかの形で口にしているからだ。

国はその議論をリードすべきだし、改善に取り組む良い業者を支援しなくてはならないだろう。屠殺業者は経営者、実務スタッフと共に、福祉を理解する努力をし、現状のシステムであったとしても改善できる部分を改善しなくてはならない。
さらに、機器メーカーは機械自体をより福祉的に改善していく責任と、効果を最大限に活かす使用方法を指導する責任を負っているはずだ。
獣医師はアニマルウェルフェアを勉強し直し、指導できる立場にならなくてはならない。
小売店やレストランなどは、その改善を支援し無くてはならないし、促さなくてはならない。
市民は小売店やレストラン、国に対して、改善を促さなくてはならない。
これらを揃えることは至難の業だが、それぞれの立場で、できることを始める、というところがまずはスタートだ。


写真 L214

*1 https://www.grandin.com/references/maintain.good.standards.auditing.html
*2  Grandin T. Return-to-sensibility problems after penetrating captive bolt stunning of cattle in commercial beef slaughter plants. J Am Vet Med Assoc. 2002;221:1258–1261
*3 Gregory N. Anatomical and physiological principles relevant to handling, stunning and killing red meat species. Proc Int Training Workshop Welfare Standards Concerning the Stunning and Killing of Animals in Slaughterhouses or for Disease Control, September 26–29 2006 Bristol. Available from: Humane Slaughter Association, The Old School, Brewhouse Hill, Wheathampstead, Hertfordshire, AL4 8AN, UK 
*4 Assessment of Cattle and Pig Welfare at Stunning in Commercial Abattoirs, Sophie Atkinson
*5Identifying reasons for stun failures in slaughterhouses for cattle and pigs:a field study ,M von Wenzlawowicz*, K von Holleben and E Eser


Tags:

You Might also Like

5 Comments

  1. ぴど 2020/02/24

    テレビで屠殺に関するテーマが取り上げられることはほとんどありません。インターネットでこういったことを発信する方の存在が頼みの綱です。

    しかし、私のように能動的に検索しない限り、閲覧し、感覚を育てることができません。
    検索するような人は既に関心のある人でしょう。

    テレビで取り上げられないのは、損をする人がいても得をする人がいない(得をするのは動物だけ)だからだと思います。
    肉が食えなくなるからと、意図的に調べない人もいるでしょう。
    構造として、発達しにくい分野だと思います。

    何とか、多くの人が得をする構造を作れないものでしょうか。
    1.動物福祉により社会が潤う何らかの仕組み
    2.市民全員の感覚を育てる

    2が充実すれば、市民は動物福祉の達成により得をすることになりますが、やはりメディアに取り上げられにくい、という堂々巡りです。
    何か、1が達成される方法を見出すことができないものでしょうか、と思いながらも、無理だな、と思うこの頃です。

    食肉も人間と同じ、痛覚を持った生き物。人間にあてはまることは当然動物にもあてはまる、私にとっては当たり前の感覚なのですが、そう考えられない人は本当に分かりません。殺傷と苦痛は全く別の問題、という感覚が育ってほしいです。

    かつて人類は他者の苦しみに対して無神経だったが、現代ではここまで個人個人の苦痛を忌避することが当たり前になっている。それがなぜか動物にまで広がらない。これは種という絶対的な壁もありますが、思うことには、個人主義も結局はネガティブスタートなのではないか、人類は結局、損得で動いてきたばかりで、純粋に他を考えて何かを決定してきた経験が実は無いのではないのか、そう考えてしまうことがあります。テーマを少しずらしてしまいましたが、これからの伸び代次第で、人類の本質が問われるような気がします。

    返信
  2. terra 2020/04/13

    漠然と思っていたことがすべて整理され書かれているように思いました。

    自分にできることは、なるべく共感してもらえるよう、ささやかな糸口から、こういった話題を知人に対し提示することくらいしかありません。
    畜産動物の殺され方など「見たくない、聞きたくない、忘れていたい」人ばかりですが、それでも知っている人間がたびたび何かの拍子にそのことについて話題に出すことができれば、完全に忘れていられる時間がぶつ切りになります。
    それだけでも、ほんのわずかでも意味があるのではないかと思っています。
    特に、犬や猫などペットを愛している人には、共感してもらえる可能性が、そうでない人よりもまだ少しは高いのではないかと思いますし、そのような人(単に飼っているではなく、家族として愛している人)の数はこれからも増えていきそうです。
    ですので、未来においての動物福祉向上を諦めたくはないです。

    確かに、人間は種としてはほぼほぼ損得で動いてきたことしかないと思います。なので時間はかかるのでしょうが、第二段階の人類進化として、どんな生き物にも感情や感覚があることを踏まえた上で配慮ができる人間社会を、人類が実現させることを祈っています。

    返信
  3. 2232 2020/06/13

    食べる立場としては、命を食材に変える現場や方法を是非知っておくべきですね。
    それらを知っているのと店先に並ぶ食材しか知らないのとでは、感じる有難みがまるで違うと思います。

    返信
  4. ぱぴい 2020/06/14

    もっとメディアで取り上げて欲しいです。苦痛を与えない方法がそれほど難しいことなのでしょうか?法で取り締まらなければ動かないなら法で規制して欲しいです。もっとみんな知って欲しいです。食べるなとは言ってません。人間だって動物なのだから。ただ、動物と違うのは動物に苦痛を与えないよう、尊厳をもって扱う事が出来るという事。それが人間らしさ。今のやり方は、知れば知るほどに動物だけではなく人々にも苦痛を与えていると思います。少なくともこのサイトを訪れるような人々はとても苦痛にさいなまれ、もがくようにここにたどり着いていると思うのです。発信してくださるサイトが多々あることを知り、勇気づけられます。これからも発信し続けて欲しいです。

    返信
  5. gonchan 2020/06/25

    何も出来ない自分の無力さが身に染みます。でも、ヴィーガンにはなりません。感謝をして食べることはできます。ただ、実際に家畜動物の苦痛を減らすために具体的に何をしたらいいか分からない。何が出来るのかも。
    この記事を読んだみなさんはこのやりきれない気持ちをどのように処理しているのでしょう。心が押し潰されたようです。ふとした時に思い出してしまいます。

    返信

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE