LOADING

Type to search

工場畜産で生まれている動物はほぼ人工授精によるものです。雄と雄を掛け合わす、もしくは偽牝台で精子を採取し、それをストローで受精させます。この時点で既に動物としての自然な姿ではありません。

その後牛には焼印を押し、角を焼ききります(日本では、除角(除角器で角を切断→焼コテにて止血
(角には神経や太い血管があり、かなりの苦痛を伴い、このストレスにより弱ってしまう牛もいる))。

肉用牛は穀物中心の飼料を与えられ、本来草を食べ反芻動物であるはずの牛の腸は変化し、胃や腸はぼろぼろになります。

牛の寿命は本来20年から30年だが、肉用牛の寿命は屠殺される30ヶ月です。

牛の一生

哺育期:6ヶ月間、一頭づつ小さな木箱で飼育

2~6ヵ月程度で無血去勢(ざ滅)観血去勢(切開)壊死去勢(ゴムリング)すべて無麻酔を行う

離乳期:生後9ヵ月で市場に出荷、肥育農家へ売却

肥育期:除角(海外では焼印も行う)を行い、ほとんどの時間を牛舎ですごし、およそ2歳半で食肉処理工場へ出荷、屠畜

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE