Meat Free Monday 週に一日、お肉をやめよう

地球のために、動物のために、人のために、週に一日、お肉をやめる。世界を変える。
Join us ミートフリーマンデーに参加して下さい
 

肉は代替品の時代へ-クリーンミート

2017/09/24

1961年-2011年の動物性食品消費の推移
201709240306_1.jpg
引用元:How Can We Reduce Demand for Meat?

1961年から2011年までに人口は2倍(赤い線)に。一方動物性食品の消費は実に5倍に増えている。
FAO(国際食糧農業機関)は、世界の食肉消費はこの先2050年までにさらに73%増えるだろうと予測している。

ヴィーガンの認知度は上がってきているしベジタリアンも増えているが、それでも動物の犠牲に追いつくほどのスピードで増えているとはとても言えない。例えばアメリカでは1990年半ば、ベジタリアン(自称)は1%だったが2010年には3-5%に増加したという。しかし20年でベジタリアンがわずか数%増えたところで、付け焼刃にもならないだろう。
このままいくと動物の犠牲はもっと増える。間違いなく。
 
そこで今期待されてるのがクリーンミート。いわゆる培養肉だ。培養肉と聞くと眉を顰めるひともいるかもしれない。実験室の中で生み出されたフランケンシュタインみたいなイメージか。「試験管ミート」「培養肉」に食欲をそそられない、という人もいるだろう。
しかし実際に農場で飼育されて抗生物質、ワクチン漬けで日の光も当たらない建物の中で糞尿まみれで飼育されストレス満載で恐怖の中で殺され、血にまみれ大腸菌にまみれた肉片よりも、培養肉はずっと、クリーンだ。虐げられて、あらゆる方法で「汚染」されてしまった動物の肉に食欲をそそられるというほうがむしろ不思議だ。
 
動物飼育による環境破壊もなく
動物を監禁して殺す必要もなく
糞便汚染もない


研究当初は培養肉の元となる初めの動物だけは殺されると言われていたが、今は違う。元となる衛生細胞は動物の筋肉から採取されるが、動物は殺されないのだ。クリーンミート分野の研究の進歩は目覚ましいものがある。
 
数年前にクリーンミートの話を聞いた時は絵空事と思っていたが、いまでは世界200以上の企業がこの研究を行っており、牛だけではなく鶏や魚の培養肉の研究も進んでいる。日本でも若い人たちが集まってクリーンミート(精進ミート)の研究を始めている。(→ https://www.shojinmeat.com/ )
ホワイトハウスの要請で調査をおこなった全米科学アカデミーは「培養肉」は今後バイオテクノロジー分野でもっとも成長するだろうと報告している*。オランダ政府は培養肉の研究に4億の資金を提供した**。ビル・ゲイツやリチャード・ブランソンのような、実業家として大成功をおさめた人物たちもクリーンミートに投資している。世界最大の農業企業の1つであるカーギル社食肉加工大手タイソンフーズでさえもクリーンミートに投資するという時代だ。
  

以前は一切れの培養に数億かかるとか言われていたが今は数百万。コストはもっと下がっていくだろう。
2011年に設立し代替卵を開発して市場に参入し、わずか4年間で多くの顧客を集めたハンプトンクリーク社は、代替卵に続きクリーンミートに着手した。彼らは「2018年末までにクリーンミートを市場に出したい」と言っている。
なぜそんなに肉が必要なのか、大豆肉ではダメなのだろうかという基本的な謎は残るが、冒頭のグラフを見ると、「動物の肉」でないとダメなんだろう。
「どうしても動物の肉が食べたい」という業の深いこの世界にクリーンミートが広がり、動物の苦しみに終止符が打たれる日はそう遠くはないかもしれない。




*Preparing for Future Products of Biotechnology (2017)
http://dels.nas.edu/Report/Preparing-Future-Products-Biotechnology/24605
** Macintyre, Ben (2007-01-20). "Test-tube meat science's next leap". The Australian. Retrieved 2011-11-26.

参照サイト
Open Philanthropy Project Farm Animal Welfare Newsletter
How Can We Reduce Demand for Meat?
http://mailchi.mp/90be071a72f2/how-can-we-reduce-demand-for-meat?e=51458d28dc

The Science Behind Lab-Grown Meat(March 15, 2017)
http://elliot-swartz.squarespace.com/science-related/invitromeat

Memhttp://www.independent.co.uk/news/business/indyventure/memphis-meats-richard-branson-bill-gates-invest-clean-meat-no-animal-slaughter-protein-cargill-a7909751.htmlphis Meats: Richard Branson predicts the world will no longer need to kill animals in 30 years


 

Meat Free Monday宣言