LOADING

Type to search

近代の母豚たちは子豚生産マシーンのように扱われています。

妊娠と出産の絶え間ない周期を繰り返して、一年に20匹以上の子豚を生みます。彼女達は受胎させられると妊娠ストール(クレート)に閉じ込められます。
それは幅60㎝ほどの小さい金属製の囲いで、は母たちは体を反転させることも、心地よく寝転がることもできません。
そして4ヶ月の妊娠期間が終わると、出産のために同様に狭い分娩ストール(クレート)に入れられます。

立ったり寝たりするのが精一杯のスペースに、藁はおろか他にクッションになるようなものが何もない囲いの中で、多くの豚たちは肩とひざの痛みに苦しみます。

これについて尋ねられたとき、ある養豚業の代表者はこう答えました。

「(中略)藁は値段が高いし、合衆国内の全ての分娩ストールに敷き詰めるだけの藁の供給がはじめからないことは明らかだ」と。

過去25年間に行われた数々の研究が、閉じ込め飼育をされる雌豚たちを侵す様々な身体的そして精神的疾病を指摘してきました。

不自然な床と運動不足が肥満と致命的な脚異常を引き起こす一方で、前記のような劣悪な飼育環境が、繰り返し柵を噛んだり、何も食べていないのに口をもごもごと動かす偽咀嚼を続けたりといった、神経症性の行動の元になります。

2013年から2016年の間に母豚の死亡率が約2倍に上昇

800の企業からのデータ収集の結果、2013年から2016年の間に母豚の死亡率は5.8%から10.2%に上昇したそうです。この上昇は、直腸や膣などの器官の脱出の上昇と関連しています。その原因は明確になっていませんが、一部の専門家は転回することもできない閉じ込め飼育を原因としてあげています。また生産性や肉質に特化した「育種改良」も原因として示唆されています。

コロラド州立大学の動物科学教授のテンプル・グランディン氏は、このことについて、繁殖が意図しない結果を招いていると語っています。彼女は、よりたくさん子供を産む動物を選択することの副作用として、跛行の傾向が強まっていると述べています。

Compassion in World FarmingのLeah Garcesは次のように言っています。
「ここ数十年の間、母豚は背脂肪が少なくなるように飼育されています。なぜなら、人々は脂肪を好まなくなっているからです。しかし、我々はもっと多くの子どもを産ませたい。それは生物学的に可能ではありません。彼女たちのの骨は弱く、生殖を支えるのに十分な脂肪がありません。私たちは彼女たちを限界まで育種しており、動物たちはそれを私たちに伝えています」
参照

‘We’ve bred them to their limit’: death rates surge for female pigs in the US – The Guardian

出産後2、3週間たつと、幼い豚たちは太らせるために引き離され、母豚達は再び妊娠させられます。
Successful Farming(成功する養豚経営)によると、
「妊娠または泌乳していない、あるいは離乳後7日以内の雌豚は全て不活性であり」
養豚工場はたくさんの子供を産ませて最大限の利益をあげるために、全ての母豚を100パーセント活性状態にしておくよう努めています。

そして もはや生産的な子作り機だとみなされなくなった豚は屠殺されます。

 

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE