LOADING

Type to search

母豚を拘束する「分娩ストール」とは

子どもを「生産」ために飼育される母豚は、一生のほとんどをストールという拘束機器の中ですごしている。

妊娠期間中は「妊娠ストール」に、そして出産の少し前から子供が生まれて離乳する生後21日までの間は「分娩ストール」に閉じ込められる。
どちらのストールも、方向転換が不可能な、著しく狭い拘束機器であることは同じだ。
母豚たちは「生産性」が落ちる生後5-6年で殺されるまでの間、妊娠ストールと分娩ストールの間を行ったり来たりを繰り返して過ごす。

写真:日本の分娩ストール

今から出産をするという時、自然界ならば母豚は「巣作り」をする。屋外で飼育されている母豚は、枝や草を使って精巧な巣を作る。巣作りをして安全な場所に子供を産みたいという強い欲求があるからだ。
その強い欲求はストールに閉じ込められても失われない。彼女たちも巣作りの真似事を始める。分娩前には非常に活動的になり巣作りやルーティング(鼻で地面を掘る行動)のような巣作り動作に何時間も費やす。そのような行動により顔に擦り傷を作ったりすることもあるくらいだ。しかし巣を作る材料も何もないストールの中で、彼女たちがいかに巣作りに励んでも、巣が完成することは決してない。
あるブログ記事には、ストールに入れられていた母豚が逃げ出してしまったことが書かれていた。その母豚は養豚場の事務所に入り込み、その中で机をひっくり返し紙で巣を作り、そこで子豚を産んだそうだ。

子供を安全な場所で産みたいというのはすべての生き物に共通する強い思いだ。そのようなあたりまえの欲求をかなえることができないのが、現代の養豚だ。

妊娠ストールと分娩ストールは、何が違うのか?

妊娠ストールは、母豚の妊娠期間中に閉じ込める檻で、分娩ストールは出産前~子豚が21日齢になり離乳するまで閉じ込める檻のことをいう。分娩ストールは子豚と一緒に過ごすために設計されており、母豚のストールの隣に子豚の保温箱や食事をするスペースが設けられている。「子豚と一緒に過ごす」と書いたが、そのようなアットホームな空間ではない。母豚は方向転換できないストールに拘束されており子豚の世話をしてやることはできない。子豚はストールの間からはいって拘束された母豚の乳を飲む。

なぜそのような自由のない施設に閉じ込め母子行動を奪うのか?その答えとしてかえってくるのは「母豚が子豚を踏みつぶすのを防ぐため」だという。

本来なら母豚は子豚を踏みつぶさないように気を付けて座るものだ。なぜ子豚を踏みつぶすのだろうか?
おそらく、ストールを行ったり来たりして自由を奪われストレスにさらされている母豚にはそのような気配りをする余裕がない。だから子供を踏みつぶすという事故が起こってしまうのだろう。ストールをしていない放牧養豚経営者は「よく食べ、自由に運動できる環境下では、母豚は子豚が圧死しないように気を配るなど面倒見もよくなる」という。
忘れてはならないのは、この分娩ストールを使用しても、圧死を防ぐことはできないということだ。ある中規模の養豚場は分娩ストールを使用しているが、母豚一頭当たりの圧死数は子豚1-2頭だという。
音や匂いで子供の場所を把握する母豚にとって、現代の工場と化して大量の豚が詰め込まれている豚舎では、その感覚が混乱してしまうのだろう。そもそも自然界ならこのような環境を子育ての場として選ばないだろう。

子豚を踏みつぶすのを防ぐ、という理由で設置された分娩ストールが、子どもを踏みつぶす要因にもなっているのだ。

諸外国では分娩ストール廃止の流れ

妊娠ストールは、日本を除く多くの国で禁止が決定しているが、分娩ストールも例外ではない。すでに妊娠ストールが禁止となった国では、この分娩ストールも廃止しようという運動が始まっている。

ノルウェーとスウェーデン、スイスでは分娩ストールは禁止。別のヨーロッパ諸国、特にオランダやデンマークでは、出産から離乳までの期間の「母豚のフリーの飼育システム」の開発と販売がおこなわれている。
オーストラリアでも関心がもたれており、アメリカでも議論がすすんでいる*。
*Opinion on Free Farrowing Systems October 2015 Farm Animal Welfare Committee,Area 4B, Nobel House,17 Smith Square,London, SW1P 3JR.

私たちにできること

母豚は分娩ストールに拘束されたまま、子宮口に死んだ子豚を詰まらせた状態で、疲れ切って横たわっている。
隣には羊膜に包まれた子豚たちが死んでいる。
分娩中に酸素不足で窒息死したのか、分娩後に死亡したのかはわからない。
もし仮死状態で産まれたのならば、本来なら飼育者が羊膜を取り除き呼吸補助をしてやる必要があるだろう。出産に時間がかかると低酸素で豚が死んでしまうこともあるので、母豚の下腹部をマッサージしたり、詰まっている子豚を引き出してやったり、場合によっては医療処置も必要だ。
しかし母豚も子豚も、なんの処置もされない状況で放置されていた。

分娩ストールに母豚を閉じ込めることで「母豚が子豚を圧死させる危険が減った」として、現代では出産をみまもらない「無看護分娩」が主流になっているが、ストールに拘束され運動不足で健康体でない母豚には、常に異常分娩のリスクが伴う。産子数が多いほど死産が多いと言われるが、産子数を品種改変で増やしてきたのも人間だ。豚の祖先のイノシシの産子数が4-5頭、一方豚は11頭にまで増頭させられてしまっている。閉じ込めて飼育下におくならば、母豚の安全、産まれた子豚の安全を見守るのが筋というものだろう。

しかし数名で何千頭もの豚を管理する現代の畜産では、豚一頭一頭にそのような労力を割けと言うほうが無理なのかもしれない。
母子たちがこのような状態で放置されている責任がどこにあるのかを突き詰めると結局は我々消費者に行き当たる。もし一人一人が豚の飼育環境に目を向け、残酷な方法で作られた豚肉をボイコットしていたなら、豚たちの環境は大きく変わっていただろう。ストール飼育された豚の肉はいらないと意思表示してたなら、このような残酷な光景はなかったかもしれない。

豚には選択できないが、我々にはたくさんの選択肢がある。もし思いやりのある選をするならば、こんな残酷なことはもう終わらせることが可能なのだ。

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE