LOADING

Type to search

豚が産まれてから6ヶ月まで

まだ赤ちゃん豚の時、彼らは麻酔や鎮痛剤なしで苦痛を伴う肉体切断を経験する運命にあります。

彼らの尾は、自らによる尾噛みを最小限にとどめるために切り落とされてしまいます。
これは豚のように高度な知能を持つ動物が畜産工場のような劣悪な環境に閉じ込められた時に示す異常行動の一つです。
この尾部切断のほかに、幼い豚たちの耳には固体識別のための切込みが入れられます。
生後2週間から3週間になるまでに、全体の15%にあたる幼豚は死んでしまいます。

生き抜いた豚たちは母豚から引き離され、鉄柵とコンクリートの床でできた囲いに詰め込まれます。

 

養豚雑誌、National Hog Farmerの見出しはこう謳います、
「豚はつめこめば儲かる」と・・・
この指針が流行していることは、豚の舎飼い育成のあらゆる段階で行われる超過密飼育により例証されています。
豚たちはその短い一生を終える6ヶ月間で100kgの屠殺体重に達するまで、巨大な倉庫のような建物に詰め込まれたまま過ごすのです。
Tags:
Next Article

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE