豚-ぶた

豚肉にされる豚たちの日本の状況

2003/05/21

201304250209_1.jpg企業による伝統的な養豚場の工場化が進み、食用に育てられる豚たちは、感情を持つ動物としてというより、生命を持たない単なる生産の道具として扱われるようになりました。

日本で、毎年約1億頭弱の豚が飼育されそして殺され、食肉処理されます。
豚の飼養頭数は、年々徐々に増加しています。
一方で、飼養戸数(養豚業者)の数は7,200戸程度であり、その数は年々減少しています。

つまり、一戸あたりの飼育頭数が増加しているということ。それは大規模畜産場が増加しているということ。
実際、1戸当りの豚の飼育頭数は、平成11年は790頭であったのに対し、平成20年は1,347頭と、倍近くに増加している。

大規模で飼育していくためには、動物の飼育をいかに効率化するかということが課題となります。
人の目が行き届かなくなり、動物の飼育はより工場的になり、動物の福祉はうしなわれていくのです。
data1.gifdata2.gifdata3.gif

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

カテゴリ毎記事一覧

飼育方法
事件・事例
キャンペーン・アクション
アニマルウェルフェア
妊娠ストール
規制・法律
ページ最上部へ