LOADING

Type to search

フォアグラ用のアヒルの繁殖は地獄の始まり

フランスの動物の権利団体L214は、フランス南西部にあるフォアグラ用のアヒル繁殖場(孵化場)の調査をし、その衝撃的な内容を公開しました。

卵からかえり、はじめての世界。すぐに地獄が待っています。

女の子の赤ちゃんは仕分けされ、穴の中に投げ入れられます。
2つのローラーで押しつぶされ、ゴミのように(ゴミとして)その死体(生きたものも残っている)が集められます。
これがその粉砕機とそこに吸い込まれ、粉砕されていく女の子との赤ちゃんたちです。

男の子の赤ちゃんは、首を機械に引っ掛けられて、5秒おきに吹き出す熱により、クチバシを焼かれます。たくさんの鳥のクチバシを一気に焼く恐ろしい機械です。
男の子たちにはその後、恐ろしい強制給餌が待っています。

この赤ちゃんたち、母親に会うことは、一生の内に一瞬たりとも許されませんでした。本来であれば、母親が卵を温め揺らして孵し、親が作った巣で母親から愛情と生きる術を学び、飛び立つ鳥達です。そんな自然の権利は最初から奪われています。

これを、虐待ではないと、誰が言えるのでしょうか。
売り続けている大手ファミリーレストランチェーンの企業は、直視しなくてはなりません。
彼らが、苦しみの一生を終えた鳥達の病気の肝臓=フォアグラを仕入れ、そして何も知らない消費者が、この苦しみにお金を払うのです。

フランス人ですら51%の人がフォアグラ生産の強制給餌に反対しています(強制給餌がなければフォアグラは出来ない)。

あなたに出来ること

このサイトにフランス政府に向けた署名が有ります。ぜひご協力下さい。

(ファーストネーム・ラストネーム・メールアドレス・住んでいる町・郵便番号・国(真ん中あたりに選択肢があります) の順番で記載して下さい)

フォアグラを食べない、注文しない

レストランでフォアグラを注文しないで下さい。
結婚式を行うときはフォアグラメニューを提供しないで下さい。
結婚式の招待状をもらったら、お祝いのメッセージとともに「フォアグラは食べられません」と記載し、返送して下さい(代わりのものが提供されます)

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE