LOADING

Type to search

名前の通り、持続可能な選択を尊重するサステナブルキッチンロージーはケージフリー

東京都千代田区に店舗を構えるオーガニックレストラン、サステナブルキッチンロージーがアニマルライツセンター の問い合わせに対し、既に使用している卵が平飼いであること、またケージフリーに賛同してくださると回答いただきました。

こちらのお店は農家のサポートのためと、お店に来た全ての方に健康になってもらいたいという思いから平飼い卵を使用されています。

サステナブルキッチンロージーのHPにはこう書かれています。

未来を、ともに育てる

私たちのミッションは、未来をともに育てること。

平飼いの自然卵を使い、契約農家の農薬不使用・化学肥料不使用の野菜を使うこと。

私たちは環境や動物の生態系に影響を及 ぼすプラスティック容器やストローを使用しません。そして、ゴミの削減・フードロス対策を常に実行します。SDGsを言葉だけではなく、日々の中で実践するレストランとして食を通じたエシカルな空間を創造していきます。

ケージ飼育と比べて病気が蔓延しにくく、またアニマルウェルフェアの観点からも平飼いを支援することは、SDGs(持続可能な開発目標)に沿った選択と言えます。

こちらのお店ではヴィーガンの料理も扱っていて、平飼い卵の使用と同様に、消費者と共に持続可能な未来を作ることに配慮したお店であることが伺えます。

日本では90パーセントがケージ飼育という鶏をカゴに閉じ込めたままの飼育方法で、とても健康的とは言い難いですし、自然ではないですよね。

ケージ飼育の鶏

一方で、平飼いという、鶏が自由に歩き回れるケージフリーな飼育をとっている養鶏場も少数ですがあります。

平飼いの鶏   (サステナブルキッチンロージーが卵を調達している農家というわけではありません。別の平飼い農家です)

世界ではケージ飼育の廃止が進んでおり、現段階で日本のアニマルウェルフェアはだいぶ遅れを取っています。

ケージの中で搾取され続け、動けないまま一生を終える鶏を減らすために出来る簡単なことは、消費者の皆さんがケージ飼育の卵を買うのをやめて鶏のためを思った平飼い卵を選択することや、卵の消費を減らすことです。

現状を知った人が、今日から人道的でエシカルな選択をしていくことが、持続可能な未来に繋がります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE