LOADING

Type to search

障がい者就労支援などを行う社会福祉法人こころん(カフェ)はケージフリー

福島県を拠点に、障がい者の方の就労支援や有機農業など様々な事業を展開している社会福祉法人こころんさんがケージフリー宣言に賛同してくださいました。

カフェやお弁当の販売、お野菜の販売がされています。

以下は代表の方のお言葉です。

平飼い飼育にしている理由は、アニマルウェルフェアに即してのことです。

鶏が良い環境でいるということはそこで働く人間にとっても良い環境であるはずだと思っているからです。

こころんファーム養鶏場では、鶏の給餌や集卵をするのは障がい者の方の役割で、動物、人、どちらにも優しい選択をしている会社であることが伺えます。

日本では90パーセントがケージ飼育という鶏をカゴに閉じ込めたままの飼育方法で、とても健康的とは言い難いですし、自然ではないですよね。

ケージ飼育の鶏

一方で、平飼いという、鶏が自由に歩き回れるケージフリーな飼育をとっている養鶏場も少数ですがあります。

平飼いの鶏   (社会福祉法人こころんが卵を調達している農家というわけではありません。別の平飼い農家です)

世界ではケージ飼育の廃止が進んでおり、現段階で日本のアニマルウェルフェアはだいぶ遅れを取っています。

ケージの中で搾取され続け、動けないまま一生を終える鶏を減らすために出来る簡単なことは、消費者の皆さんがケージ飼育の卵を買うのをやめて鶏のためを思った平飼い卵を選択することや、卵の消費を減らすことです。

現状を知った人が、今日から人道的でエシカルな選択をしていくことが、持続可能な未来に繋がります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE