LOADING

Type to search

イスラエル企業、採卵鶏の雌だけが孵化する方法を開発

NRS Poultry とはテルアビブとニューヨークに拠点をもつ会社であり、採卵鶏における雄ひよこの殺処分の問題に対する解決策に取り組んできた。

2022年1月1日をもって、ドイツでは世界で初めて国として雄ひよこの殺処分を廃止した。卵の段階で性別を判定して雄は孵化する前に処分するという計画だ。

更に今回、性別の判定も不要になる技術が開発された。
2021年11月、NRS社は雌のみが孵化する卵を産む鶏の品種を開発することに成功した。
雌の親鳥のZ染色体を変えることで、産まれてくる雌には影響を及ぼさず、雄の卵は初期の段階で発達が止まり孵化されないという仕組みだ。
雌の卵は母鳥のZ染色体は受け継がないので、その遺伝子組み換えの影響はないということだ。
孵化しない雄の卵は遺伝子組み換えされているが、例えば飼料などに使うことも可能だと提示されている。

この技術があれば雌雄鑑別自体が不要になり、雄ひよこの殺処分の禁止、または廃止が一気に加速する可能性がある。

https://www.nrspoultry.com/project-sexing/

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE