フォアグラ

フォアグラに関する規制

2015/05/28

現在、少なくとも14カ国の法律が、フォアグラを生産するためにアヒルとガチョウに強制食餌を施すことを禁止している。いくつかの国では、法律で明確にアヒルとガチョウの強制食餌を施すことを禁止しており、いくつかの国では、一般的な動物福祉法の中で、禁止している。

強制食餌を禁じている国/州

  •  カリフォルニア
  •  オーストリア(9州のうち6州)
  •  チェコ共和国(1992年)
  •  デンマーク(1991年)
  •  フィンランド(1996年)
  •  ドイツ(1936年と1993年)
  •  イタリア(2004年)
  •  ルクセンブルク(1965年)
  •  ノルウェー(1974年)
  •  ポーランド(1999年)
  • アルゼンチン
  •  トルコ
  • ​イスラエル

動物福祉法でフォアグラ生産のために動物の強制食餌を禁止すると解釈されている国

  • オランダ
  • イスラエル
  • スウェーデン
  • スイス
  • イギリス
  • アイルランド

EU(既に子牛のクレートや妊娠クレートなどの非倫理的な畜産業の手法を禁止している)は、基本的には禁止しており、フォアグラをすでに存在している場合のみ認められ、さらに強制給餌を代替する方法を追求するように勧告している。

オーストリア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ルクセンブルク、ノルウェー、およびポーランドに続いて、2004年1月付けで、イタリアはフォアグラ生産を禁止した。オランダ、スウェーデン、スイス、およびイギリスは既存の法律でフォアグラ生産の強制食餌が禁止であると解釈している。

最も大きな変化は、イスラエル(かつては世界の4番目のフォアグラ産国だった)が、フォアグラ生産を禁止したことだ。
2003年8月に、イスラエルの最高裁判所はフォアグラ生産が国の動物保護法に合わないと宣言する39ページの決定を発行しました。

これらの立法上の進歩にもかかわらず、世界的なフォアグラ生産は近年劇的に増加していおり、特にフランスでは、ここ10年間で約倍に増加している。

カリフォルニア州は残酷な製品を禁止した。さらに、2006年4月には、シカゴは法令でフォアグラの販売を禁止しが、2008年5月に、イリノイレストラン協会(the Illinois Restaurant Association)の圧力で、シカゴはこの禁止令を撤廃した。

2004年9月29日

カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーは2012年までにカリフォルニア州内で鳥に強制的に食事を与えて作られたフォアグラの生産と販売を禁止する法律を施行。※動物虐待ではない方法で生産されたフォアグラの販売は認められる。

2005 年10月2日
イスラエル政府は、フォアグラを目的とした強制飼育は動物虐待にあたるとして、こうした飼育を禁じた。カッツ農相は同日の閣議で、美食目的のフォアグラ生産の継続を求めたが、多数決で却下された。

2006年4月26日
シカゴ市議会はフォアグラの販売を禁じる法案を賛成48、反対1で可決。

フォアグラを販売するレストランや食料品店に500ドルの罰金を科す
 

 

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube