豚-ぶた

妊娠豚用檻廃止署名の提出(スターゼン・プリマハム・日本ハム・丸大食品)

2013/07/20

スターゼンプリマハムへ署名を提出してきました。

2013.8.21

妊娠豚檻(ストール)廃止の署名
 
両社を訪問し、放牧養豚の豚の動画と、舎飼・ストール(檻)使用の豚の動画をみてもらい、どんな風に豚が幸せそうで、どんな風に苦しんでいるのかを伝えました。
そのほか国内でのベジミートの需要について(13社に問い合わせたところ昔に比べ、需給が圧倒的に増えていることがわかりました)、海外・国際機関の動物福祉への取組みについてなど話をさせてもらいました。 
両社ともに、メモを取りながら話を聞かれていました。大きな反応は引き出せませんでしたが、プリマハムの担当者は「知らない部分があり、勉強になった」と言われ、スターゼンは「生産者に伝え、社内で共有する」という真摯な態度で対応いただきました。
 
201308230941_1-300x0.jpg
 
舎飼の豚は、小枝をくわえたり、抜け落ちた鳥の羽を屋外でひろって遊んだりすることができません。小石をチューイングガムのように口の中でクチャクチャすることが豚は好きですが、それもできません。鼻であちこち探索し掘り返すことも好きですが、それもできません。
肥育豚は半年ほどでと殺されます。牛は黄色いレインコートが壁にかかっているだけで、驚いて前に進めなくなってしまいます。動物は恐怖をとても強く感じる生き物です。痛みよりも恐怖のほうが苦痛であるという動物行動学者もいます。と殺場に連れて行かれるまで、見知らぬ場所で、血の臭いをかぎ、どんな恐怖を味わうのか。最終的にはこんな恐ろしい思いをさせて殺してしまうのです。生きている間は、苦しめず幸せになるよう配慮することは最低限の義務です。
残酷なことが「仕方がないこと」と受け入れられることのない社会にしたいです。 

農林水産副大臣へ

署名提出後、われわれは衆議院議員会館を訪れ、農林水産副大臣江藤氏(の秘書)の方に私たちのやっている運動のこと、畜産動物の置かれている状況を変えるためにおこなってほしい取り組み(ストール禁止やバタリーケージ禁止などの法規制など)をお願いしました。そのほか農林水産委員の議員事務所に書類を渡し、最後に農林水産省の畜産振興課(畜産動物福祉担当)を訪問し、日本における畜産動物福祉の取り組みについて話を伺いました。現時点は畜産農家の方への啓蒙活動をすすめている段階で(畜産農家の方の集まるセミナーなどで動物福祉について講演など)、海外のような法規制の段階に、いまの日本はまだいっていない、ということでした。
 
日本ハム、伊藤ハム、丸大食品へ署名を郵送しました。
2013.8.29
プリマハム、スターゼンは、じかに署名の受け取りを了承してくれ、ブタの置かれている状況、どうして私たちがこういった要望をしているのかを、動画とともに説明する時間をいただきました。
日本ハム、丸大食品へも何度か直接の受け取り・要望をお願いしたのですが「直接は難しい、郵送してほしい」とのことで、書類一式を郵送させていただきました。
提出書類は
・皆さんの署名
・皆さんのコメント
・写真帳(ストール飼育と放牧飼育のブタの違い)
・動物福祉への国際的な動きや、消費者動向や、ベジミートの需要などを記載した資料
・妊娠ブタ檻について記載された記事
です。

なお、伊藤ハムについては、署名のみ先に提出しました。
後日、豚の置かれている状況や、要望を直接聞いていただける時間をもうけてくれるとのことです。

 
 
 

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

カテゴリ毎記事一覧

飼育方法
事件・事例
キャンペーン・アクション
アニマルウェルフェア
妊娠ストール
規制・法律
ページ最上部へ