LOADING

Type to search

動物のあるべき姿を尊重するパレタコ食堂はケージフリー

Spice curry パレタコ食堂は、各地のイベントや料理教室に出店という形で運営されているカレー屋さんです。オーナーの瀬頭拓海さんは動物や食の本来あるべき自然な姿にこだわりを持ち、お店で使用している卵は全て平飼いにしてくださっています。

瀬頭さんは以下のようにお話してくださいました。

本来の自然の姿で育った命を頂きたい。

不自然な食が自分の周りに多すぎて、自然な食事を続けることはなかなか難しいけれど、その中でも自然に近い生産をしている人もいるのでそういう人を応援できるように、平飼いの卵や野生の肉を使うようにしています。

薬漬けでストレスフルに育った動物を食べて体に良い訳もないし、動物にとっても良い訳がないし、それを想像したら自然と今のスタイルになりました。

瀬頭さんは今はとりあえず自然な育て方に戻していき、ゆくゆくは動物性のものを減らしていきたいそうです!

日本では90パーセントがケージ飼育という鶏をカゴに閉じ込めたままの飼育方法で、とても健康的とは言い難いですし、自然ではないですよね。

ケージ飼育の鶏

一方で、平飼いという、鶏が自由に歩き回れるケージフリーな飼育をとっている養鶏場も少数ですがあります。

平飼いの鶏   (パレタコ食堂が卵を調達している農家というわけではありません。別の平飼い農家です)

世界ではケージ飼育の廃止が進んでおり、現段階で日本のアニマルウェルフェアはだいぶ遅れを取っています。

ケージの中で搾取され続け、動けないまま一生を終える鶏を減らすために出来る簡単なことは、消費者の皆さんがケージ飼育の卵を買うのをやめて鶏のためを思った平飼い卵を選択することや、卵の消費を減らすことです。

現状を知った人が、今日から人道的でエシカルな選択をしていくことが、持続可能な未来に繋がります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE