201704121153_1.jpg

どうぶつを殺す、食べる、ということを、「あたりまえのこと」「仕方のないこと」と考えないでください。
すべての動物が、それぞれ異なる個性を持ち、欲求を持ち、愛情や思いやりを持ち、今の自分達が置かれた理不尽で不自由で苦しい状況から抜け出したいと思っています。

世界中で繁殖され飼育され、そして殺される600億~700億頭の動物たちのために、今、苦しむ動物たちのために声を上げるときがきました。

魚はもっと多く数を数えることすら不可能です。

私たちは、ほんの少しの努力と、ほんの少しの思いやりを持つことで、もっともっと良い社会に変える力を持っています。

「どうぶつはごはんじゃない」というキャッチコピーは、動物をちゃんと私たちと同じような感性を持ち苦しんだり愛したりする能力を持つ「どうぶつ」として見てほしいという意味です。

食べ物のために殺される動物たちのためのデモ、今年は全世界で行われます。

希望のない動物に、希望を。

東京:渋谷

2017/6/10(土曜日)15:00集合!

日時:2017/6/10(日) 15:00集合/15:30出発
場所:渋谷区勤労福祉会館 第一洋室(勤労福祉会館前から出発します)

※時間が変更になる場合がありますので、必ず前日にサイトを確認してください。
服装:国際キャンペーンのキーカラーが赤です。赤い服を着てください。赤がない場合は黒い服か白い服でおねがいします。
赤は激しい色ではなく悲しみの色です。動物たちの平和を祈るための色です。


日本でも声を上げよう!

参加される方は下記メールニュースに登録いただくか、Facebookのイベントページに参加表明いただければ、場所などの変更があった場合にお知らせができます。

→Googleグループを使ったアニマルライツセンターのメールニュース
→Facebookイベントページ

プラカードを活用しよう!

201605142138_1.jpgこちらからプラカード用PDFをダウンロードし、プラカードを手作りしよう!
http://www.hopeforanimals.org/action/00/id=454

 

赤いTシャツを着てデモを歩こう!

※デモに間に合わせたい方は5月28日までにご注文ください。
201605210014_1.jpg201605210014_2.jpg201605210014_3.jpg

デモ後はアニマルライツセンター創立30周年記念パーティーへ!

みんなで動物を犠牲にしない食事とおしゃべりを楽しみながら、さらなる活動への意欲を高めましょう!
詳細・お申し込みはこちらから


過去のマーチ

パリの写真2016パリの写真

動物たちの現実を知ろう

肉にされるのは病気で苦しんだ豚 肉にされるニワトリ(日本)

鶏の懸鳥作業

肉にされるブタ(日本)
 

最新記事

卵-たまご

卵-たまごを産まされる鶏
バタリーケージはEUでは違法。日本でも廃止を!

フォアグラ

フォアグラにされるカモ・ガチョウ
フォアグラは動物虐待の証拠品。そして病気の肝臓。絶対に食べてはいけない。

牛乳-ミルク

牛乳-ミルクを産まされる牛
大人になってミルクを飲むのは人間だけ。子牛のミルクとらないで。

牛-うし

牛肉にされるうし
騙されないでください。肉にされる牛のほとんどは放牧されていません。

仔牛肉-ヴィール

仔牛肉-ヴィールにされる牛
産まれて間もない子牛。親と触れ合うこともなく殺される赤ちゃん達。
 
ページ最上部へ