LOADING

Type to search

70年続く、生徒に豚を育てさせ、殺して食べさせる授業 東京東久留米市 自由学園

2021年4月26日にABEMAテレビで配信された番組 ”出産映像は学校で必要?豚を飼育して食べる〝命の授業〟は残酷?教育と配慮は“ のなかで、東京都東久留米市の自由学園で行われている「育てた豚を殺し、料理して給食で食べる」授業が紹介された。

中学三年生の選択授業で、もう70年続いているという。

この自分で育てた動物を殺すという授業は今もマレにみかけるが、このような授業は必要ないという意見がある一方で、「人間は食べないと生きていけない」「命をいただいて食べるということに向き合う」「命への感謝」などという使い古されたフレーズで表現される意見も根強く残っている。

この授業を担当する教師は、番組のビデオの中で「悲しむ生徒もいるけど、命をいただくってそういうことだよね」という。生徒が悲しんでも残酷だと感じても、「殺して食べる」以外の選択肢を、教師は生徒に与えていない。この関係は例えてみれば、殺害を強制する軍隊の上官と、命じられた部下と同じだ。

この「命の授業」の重大な欠陥は次の三つだ。

  1. 命の大切さは殺すことで学ぶことはできない
  2. 肉は食べなければならないという、誤った認識
  3. 授業で豚を飼育する環境が、実際の現代の畜産の飼育環境から乖離している

これまでもアニマルライツセンターは「鶏を殺して食べる授業」 に意見してきた。(このうち一つの高校では、意見から数年後、この授業自体が廃止となった)
今回も自由学園に意見を提出させていただいた。

自由学園への意見書

私たちは、人間と動物が穏やかに共存できる社会を目指し、市民運動を行う認定NPO法人アニマルライツセンターです。娯楽や畜産、研究など、さまざまな分野で利用される動物の権利の向上のために、全国的な啓蒙活動を行っています。
貴園の、豚を飼育し、と殺・解体し、食べるという授業が、2021年4月26日にABEMAテレビで紹介されたことをうけ、市民の皆様から当法人の元へ多くの意見が寄せられました。それらの意見を代表して、お手紙させていただいています。

この番組を拝見しましたが、畜産物が動物の命を奪ったものであることに、真摯に向き合うことの少ない社会において、貴校のように、生徒たちに動物の命に正面から向き合わせようとする姿勢を、すばらしいと感じました。

しかしながら、授業の内容については、貴園に見直しを検討していただきたいことが2点あります。

1. 現代の工場畜産の実態を、生徒に知らせる

この授業での豚の飼育方法と、現実の商業養豚における畜産動物の飼育方法が大きく違うため、生徒たちが畜産業について誤った認識をしてしまう可能性があります。
貴園の授業では、たった2頭の豚を、汚れていない綺麗な、ルーティングするのに十分が敷料があり、泥場もあり、屋内と屋外に広々とした飼育場がある環境で飼育しています。そしてその2頭の豚を生徒全員が世話をしています。

しかし現実の養豚業はそうではありません。日本の養豚場の平均飼育頭数は2000頭を超え、一人で1000頭近い豚を管理するというのが通常です1。豚は過密飼育を強いられ(平均飼育密度は不明ですが、20%の養豚農家は、71kg以上の肥育豚1頭あたりの飼育面積が0.65㎡以下だと回答しています2)、一生を閉鎖された豚舎の中で過ごしています。床に敷料があってもわずかで、その敷料は糞がたまってドロドロになっています。そもそも敷料が設置されておらず全面スノコという養豚場も珍しくありません2。ペンの中に好奇心旺盛な豚の刺激を満たせる素材はなく、泥場もありません。肥育豚は生後2-3日で去勢・断尾・歯の切断が麻酔なしで行われ、繁殖用の母豚は9割以上が転回もできないストールに単飼いで拘束されています3

貴園では事前に食肉処理場を生徒が見学しているとのことですが、日本の食肉処理場では、豚の係留施設の86.4%で飲水設備が設置されておらず4、スタンガンによる強制的な追込みが常態化し5、日本も加盟するOIE(世界動物保健機関)の動物福祉基準に反する状態が続いています。畜産動物の命を食べるということは、これらすべてに責任があるということです。教育とはこういった事実を正確に伝えることではないでしょうか。

1 農林水産省統計
2 2014年畜産技術協会調査
3 2018年日本養豚協会調査 
4 2010-2011年北海道帯広食肉衛生検査所ら調査 2016年の当法人調査では76%
5 2015-2021年当法人調査

2. 肉は食べなければならないものではなく、豚を殺さないという選択肢もあることを示す

育てた豚は、必ず食肉処理場へ送られ、殺され、食べられるという選択肢しか用意されていないため、「肉は必ず食べなくてはならない」という誤った栄養学の知識を与えるおそれがあります。

栄養学の面では、牛や豚や鶏の肉を食べずとも、必要な栄養素を摂取することが十分可能であり、そのほうが健康上の利益を得られるという、国際的な同意が得られています。
40年以上第一線で活躍した栄養学の世界的権威、コリン・キャンベル氏(コーネル大学の栄養生化学部名誉教授)は、6500人に対して20年以上行った疫学調査(チャイナ・プロジェクト)の結果、「摂取する動物性食品の割合が少なければ少ないほど、健康効果が高い」と発表しています。彼は「プラントベース(植物性食品中心)でホールフード(未精製・未加工)の食事をすべきであり精製食品をとったり、塩や脂肪を加えるときは最低限の量にすべき」だとし、「すべての動物性食品を避けるよう努めること」とアドバイスしています。
日本の医学者である蒲原聖可氏は、著書「ベジタリアンの医学」(2005年)の中で、 ”現在専門家の間では「多種類の植物性食品をバランスよく摂取すれば、植物性たんぱく質は、たんぱく質の所要量および必要なエネルギー量を満たす」というコンセンサスが得られています。しかしいまだに一般書の中には「菜食主義者の食事では必須アミノ酸が足らない」「ベジタリアンはたんぱく質不足になる」という誤った記載が認められます。” ”アメリカ政府機関による「アメリカ人のための食生活指針」がベジタリアン食を是認し、専門家グループである「アメリカ栄養士会」がベジタリアンのためのフードガイドピラミッドを発表しています。このようにかつては、ベジタリアン食の安全性に疑問を呈していた専門家団体が、現在はベジタリアン食の疾病予防作用や改善効果を是認するようになったのです。” と書いています。

ジェームズ・キャメロンやアーノルド・シュワルツェネッガーらが製作総指揮をつとめ、2018年に公開された映画「ゲームチェンジャー」では、肉から植物性の食事へ切り替えることが、いかに有益であるかがトップアスリート達の証言、科学的データと共に描かれます。

健康面だけではありません。
温室効果ガス排出、森林破壊、種の絶滅、人獣共通感染症、抗生物質耐性菌、動物福祉において畜産業は大きなリスクを抱えています。畜産物は植物性食品に比べ、温室効果ガス、水の使用量が圧倒的に高く、畜産業のための農地拡大により、陸生動物は生息地を失いつつあります(2020年にNature Sustainability誌に掲載された研究によると、農業拡大のために、 19,859種類の陸生脊椎動物の87.7%が2050年までに生息地を失うといわれています)。現在、地球上の居住可能な土地の71%を農業が使用し、そのうち50%を畜産業が使用(放牧地や畜産動物飼料生産も含む)していますが、その畜産業から得られるカロリーはたったの18%。畜産業はこれからの人口増加に堪えることのできない、非常に効率の悪い生産システムでもあります。
2020年10月、政府間組織のIPBES(環境省もIPBESの取り組みに年間30万ドルを拠出)は、畜産と人獣共通感染症に言及したレポートを発表ましたが、その中で、”家畜生産からの肉の過剰消費を減らし、責任ある消費を促進することにより、パンデミックのリスクを大幅に下げることができます。” と述べています。

畜産物は、持続可能なタンパク質とは言えないという認識が急速に広まっており、世界的な経営コンサルティング会社ATカーニーの分析(2019年)は、2040年には「肉」市場における培養肉・代替肉の占める割合は60%になり、現在の畜産由来の肉は実に40%にまで低下するだろうと予測しています。
海外では都市ぐるみで「ミートフリーデー(肉なし日)」を導入する動きが加速しています。国内でも2019年、ミートフリーマンデーを推進する日本の団体MFMAJに環境大臣賞を授与されています。

私たちはすでに低価格で多くの代替肉を選択できる時代に生きています。肉は必ず食べなければならないものではありません。

畜産由来のタンパク質が環境に及ぼす影響、持続可能なタンパク質移行への動きについてまとめた資料を添付いたします。肉を食べないという選択肢を含めたより広い視野を持つことは、これからの未来を生きる生徒の皆さんには、とても重要なことではないでしょうか。

以上、2点について、ご検討していただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご多用中まことに恐縮ですが、上記2点につき、貴園のお考えを下記までメールなどでお聞かせいただけると幸いです。

最後になりますが、4月26日に配信されたAMEBAテレビの中で、コメンテーターの一人が、「殺すのではなく、生かすことで命の大切さを伝えられる」「心に傷を負う子が絶対に出る」という趣旨の発言をされていました。
貴園の教師は「悲しむ生徒もいるけど「命をいただくってそういうことだよね」発言されていましたが、育てた豚を殺すことを悲しむのは、人として当然の優しい気持ちです。教育とはその優しい気持ちの芽を摘むことではないはずです。


写真/animainternational

畜産施設から保護された豚

1 Comment

  1. p.p 2021/05/06

    単純に疑問なんですけど、

    1.現代の工場畜産の実態を、生徒に知らせる

    2.育てた豚は、必ず食肉処理場へ送られ、殺され、食べられるという選択肢しか用意されていないため、「肉は必ず食べなくてはならない」という誤った栄養学の知識を与えるおそれがあります。

    について、自由学園が生徒に対して、教えていないというソースはどこから得たのですか?
    普通に考えて、このような取り組みをしている学校ならば、1と2に関する知識も教えていると思うんですが。。。。

    主義主張は全く問題無いとして、とりあえず疑いの目から取り掛かるのってお互いにマイナスなよう気がします。
    ネット番組という限られた情報源から断定するのではなく、しっかりと正しい情報なのかを確認した上での1と2の質問をするのなら分からるんですが。。。。。
    まあ、今後公開質問等を続けていくのであれば、しっかりとした一次情報を得てから質問することをおすすめします。

    返信

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE