LOADING

Type to search

でも、殺さずに済む方法はあるんです。

卵の段階でオス・メスを判別。
ひよこの苦しみを生み出さない方法に
世界は移行を始めています。

#オスひよこの殺処分を廃止しよう

オスひよこ殺処分廃止に賛同しよう

2,559 signatures = 51% of goal
0
5,000

プライバシーポリシーはこちら

現在2559 人の署名が集まっています!

アニマルライツセンターへのご賛同は【こちら

オスひよこを取り巻く【現状】と【解決策】

なぜ、オスひよこは殺されてしまうのか?

胸肉ともも肉だけ急激に大きくなる品種改変をされた肉用鶏(ブロイラー)と、できるだけたくさんの卵を生むように品種改変された採卵鶏。卵をより多く採取したい採卵養鶏場にとってオスひよこは価値が無いとみなされています。そして卵を生むことができるのはメスだけ。オスひよこは生まれたその日に、孵化場で選別(雌雄鑑別)されて殺されています。

オスヒヨコ淘汰 卵の犠牲

どのように殺されているのか?

日本での殺処分方法は、ゴミ箱に入れて窒息死、圧死、放置死させる方法と、グラインダーと呼ばれる粉砕機ですりつぶす方法が取られていることがわかっています。海外ではガスで殺す方法を取ることもありますが日本での導入は今のところ把握できていません。ゴミ箱に入れる方法は、何の費用もかけず何一つ動物の苦しみを考慮しない方法ですがこの方法をとる孵化場が最も多いという状況です。

オスヒヨコ淘汰 卵の犠牲

世界はオスひよこの無用な苦しみを禁止する方向へ

フランス、オーストリア、ルクセンブルクは、オスひよこの殺処分を禁止しており、イタリアも2026年から禁止されます。EU全体でも禁止の検討が始まっており、オスひよこを殺し続けることが卵業界の大きなリスクになると述べています。これは世界中の卵に言えることです。あまりにも命を軽視するこの慣行は、卵業界だけでなく、すべての市民の道徳観を壊す行為です。

オスヒヨコ淘汰 卵の犠牲

オスひよこを殺さずに済む方法はちゃんとある

卵の段階で成分を一部検出しオスを見分ける方法が実用化されており、その他卵に光を当てて見分ける非侵襲的な技術も開発されています。
これらの卵の段階で性別を判別する技術は、世界中の70億羽のオスヒヨコを救う可能性があります。
EUや各国がこのような最先端の技術開発に資金提供を行っています。

卵の犠牲をなくそう

いま、世界は変わりつつあります

あなたの賛同で
1億1千万羽のオスひよこたちの
苦しみをなくせるかもしれません

社会で最も力を持っているのは、実は「市民の声」。
市民の意識が変われば、企業や政治、そして動物たちの現状を変えられます。
国会議員、企業、業界団体、孵化場などにオスひよこ殺処分の廃止を求めるために賛同してください

声なき動物たちは、今も絶望の中あなたの声を待っています。

お知り合いにも賛同の輪を広げよう

さらなるアクションを起こすなら

オスひよこを絶望の淵から救い出すには、一人でも多くの方の協力が必要です。
賛同の輪を広げるために、あなたのお力をお貸しください。
できることから、一緒に始めませんか?

\発信しよう!/

Connected world-pana (1)

文章や写真、イラスト、動画、チラシで。
あなたの得意な表現方法で、未だ知られていないオスひよこたちの悲惨な現状を発信しませんか?

\ボランティアに参加しよう!/

Team goals-pana

まだまだ認知度の低いアニマルライツ。
声なき畜産動物のために、一緒に活動してくださる方を募集しています。

\ARC会員になろう!/

Solidarity-pana (1)

動物たちを助けたいと願う同志とともに、動物たちの苦しみをなくすミッションへ向かって一緒に走り続けませんか?

SHARE