LOADING

Type to search

會マチエールと天然酵母パン 芒種 bousyuはケージフリー

福島県会津若松市にある「會マチエール 」と愛知県名古屋市西区にある「天然酵母パン 芒種 bousyu」がアニマルライツセンター の問い合わせに対し、既に使用している卵が平飼いであること、またケージフリーに賛同してくださると回答いただきました。

両店とも、健康で安全な卵を使いたいという理由から平飼い卵を使用しています。

現代の畜産は、生きた動物のことでさえ、大量生産しています。(動物に対して生産という表現は全く正しく無いですが、分かりやすくイメージしてもらうため。)

卵に関しては、大量に卵を生産させるために、大量の鶏を、効率的に飼育できるようにスペースが狭く何段にも積み重ねられたケージに詰め込んで飼育しています。

太陽光もなく、運動もできない鶏が健康であるはずがなく、生産者は様々な薬剤や抗生物質を投与せざるを得ません。

鶏は羽も伸ばせない場所にいるため、生きている間、何もすることがなく、ただただ誰よりも長い1日を日々送っています。

そういった鶏を救えるのは消費者の意識の変革です。
・卵を食べない
・あるいは食べるなら平飼いを選択し、ケージ飼育を支援しない

人間によって動物たちの命運が分かれている事を常に頭に入れて過ごしてほしいです。

ケージ飼育とは?

日本の卵の一般的な飼育方法であるケージ飼育では、生産性を重視するため鶏をカゴに詰め込み、過密飼育をします。そのため、運動不足も加え鶏は病気になりやすく、薬剤などを用いて病気の蔓延を防ぎます。

日本の90パーセント以上の農家がケージ飼育です。

ケージ飼育の鶏

一方で、平飼いという、鶏が自由に歩き回れるケージフリーな飼育をとっている養鶏場も日本では少数ですがあります。

平飼いの鶏   (今回紹介したお店が卵を調達している農家ではありません。別の平飼い農家です)

世界ではケージ飼育の廃止が進んでおり、現段階で日本のアニマルウェルフェアはだいぶ遅れを取っています。

ケージの中で搾取され続け、動けないまま一生を終える鶏を減らすために出来る簡単なことは、消費者の皆さんがケージ飼育の卵をやめ、買うとしたら平飼いを選ぶか、鶏のためを思い卵の消費を無くしていくことです。

現状を知った人が、今日から人道的でエシカルな選択をしていくことが、持続可能な未来に繋がります。

その他のケージフリー企業・お店の一覧はこちら

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE