LOADING

Type to search

「まだ解決してないの?!」食肉加工会社株主総会前でお願い

まだ解決してないの?!

2018年6月28日、プリマハム株式会社の株主総会が行われ、その会場前で妊娠ストール(豚の拘束飼育)をやめてほしいとお願いをしていたところ、通りかかった株主の方に言われた言葉です。

5年、この活動を続けているため、毎年この活動を見て知っている株主の方も多くなってきました。いつも「頑張ってください」など声をかけてくださる方もいます。それは同日別会場で行ったスターゼン株式会社の株主総会前アクションでも同じです。

IMG_20180628_094940

関西では別のグループが日本ハム株主総会前と、また別のグループが丸大食品(丸大ハム)株主総会前でも、妊娠ストールをやめてほしいと訴えるアクションが行われました。

日本の企業は”まだ”なのでしょうか。アニマルウェルフェアに取り組まないままでよいのでしょうか。

投資に影響を与え始めたアニマルウェルフェア

Business Benchmark on Farm Animal Welfare(BBFAW)の2017年は110社が対象(日本の2社含む)となり、79%の企業が、包括的なポリシーまたは同等の文書でのコミットメントしています。72%の企業が農業動物福祉の正式な改善目標を公表しているとしています。

(※残念ながら今年始めて含まれた日本を代表する企業であるイオンホールディングスとセブン&アイホールディングスが最低ランクに格付けされ、日本の遅れを世界にさらしているところです。)

BBFAWの呼びかけにより、271兆円(2018年6月現在)を運用する機関投資会社23社が、アニマルウェルフェアに取り組んでいなければ投資をしないという宣言に署名しています。

さらにESG投資のアジェンダにアニマルウェルフェアや、工場型畜産のリスクを導入することを目的とした、投資イニシアチブFAIRRには、660兆円(6兆ドル)を運用する投資家が参加しています。

アニマルウェルフェアに取り組まなければ、世界は投資しなくなってきています。

世界は急速に変化しています。

  • 世界第1位の食肉加工会社、JBSは、ブタの妊娠ストールを廃止することを決定しています。
  • 世界第2位の食肉加工会社タイソン・フーズは、ブタの妊娠ストール廃止を調達先に促し、すでに半数が廃止されています。
  • 世界第3位の食肉加工会社、中国のWHグループも、妊娠ストールの廃止を決定しています。
  • 世界第5位の食肉加工会社、ブラジルフーズもブタの妊娠ストールの廃止を決めています。
  • 世界第6位の食肉加工会社、アメリカのホーメルフーズは、自社養豚場の妊娠ストールをすでにすべて廃止しました。
  • 世界第7位の食肉加工会社、ダニッシュクラウンも、妊娠ストールをすでにすべて廃止しました。
  • 中国や、タイの大手食肉加工会社もつぎつぎ妊娠ストールから、より自然な群れ飼育への移行を行っています。

※企業の取組についての詳細は「日本ハムグループの真実」をお読みください

第4位に入っている日本ハムは、妊娠ストール廃止の流れから除外されています。プリマハム、スターゼンなども残念ながら同様です。

明らかに遅れている状況がわかったら、投資家も、消費者も当然解決されるものだと信じているのではないでしょうか?
しかし、私達は、まだ、解決に向かっているのだという流れを感じることはできていません。

投資家の皆様、消費者の皆様、どうかあなたが投資する会社の、動物の扱いを、より良いものに変えてください。

Tags:

You Might also Like

1 Comments

  1. shizuko nagashima 2018/07/01

    妊娠ストトールという残酷非道な虐待を即廃止して下さい…肉にされるから死ぬまで身動きできず母親として子供に愛を注げず最後は肉にされる。考えて下さい。豚の苦しみを、豚は縦の知能の高い生き物です。

    返信

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE