畜産動物の福祉 アニマルウェルフェア

衆議院環境委員会で農場、輸送、と畜場のアニマルウェルフェアに言及

2017/12/05

「と畜場での動物福祉の取り組みは行われていないというふうに言わざるをえない」

2017年12月5日、議論から抜け落ちている屠畜場を含めた畜産動物のアニマルウェルフェアに言及したのは僧侶であり衆議院議員である堀越啓仁議員。
この短い臨時国会でなかなか環境委員会が開かれなかったが、12月5日ようやく環境委員会がひらかれ、その中で初質問に立った立憲民主党の堀越氏は、最初の質問にアニマルウェルフェアを選んだ。

「特に命の大切さに関しましては山川草木悉皆成仏という言葉がございまして、山や草木川すべてに仏さんが宿っているという考え方でございます。それは人も動物の命あるもの皆同じであるという概念に既存しているわけでございますけれども、今日はそういった観点から、動物福祉のことについて質問をさせていただきたいと思います。」

このように質問を始め、動物愛護法の中で畜産動物が動物取扱業から除かれ、さらに個別の条項がないことを言及した。また2020年オリンピック・パラリンピックが控える中でのアニマルウェルフェアの取り組みが遅れていることに対し危機感を示した。東京オリンピック・パラリンピックの選手村や会場での畜産物の調達には基準が作られているが、その基準の拠り所となっている「アニマルウェルフェアの考え方に対応した家畜の飼養管理指針」がOIE(国際獣疫事務局)のアニマルウェルフェアのコードよりもやや低めの基準であり、この指針が国際的に通用するのか、と疑問を投げかけた。

中川環境大臣からは、産業動物の飼養及び保管に関する基準を普及啓発するために関係省庁と連携するというとくに進展のない答弁がなされた。環境省や自治体の動物愛護行政が畜産動物の福祉に手をつくしてくれたことはほぼないように思うが、関係省庁である農林水産省も厚生労働省も、畜産動物の福祉面の話になれば必ず環境省の管轄であると主張する。環境省が責任を持って動物福祉を高め、虐待的な飼育が行われないよう、監視していかなくてはならないだろう。

今後の動物愛護法の議論の中にきちんと畜産動物が含まれるためのきっかけにはなることを期待したい。

国会中継の動画はこちらから
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&media_type=fp&deli_id=47638&time=3036.7




大まかな議事録(※正式な議事録が出されたら差し替えます)

(堀越議員)
私はこれまでリハビリテーションの現場で働いていた作業療法士です。医療介護の現場で働いて負ったわけなんですが、それと合わせましてもう一つ顔がございまして、それは僧侶でございます。僧籍を取得してから人の生き方、幸せとは何なのかということを見つめ直す一つの物差しとして皆さんに仏教というお話をさせて頂いておりましたけれども、特に命の大切さに関しましては山川草木悉皆成仏という言葉がございまして、山や草木川すべてに仏さんが宿っているという考え方でございます。それは人も動物の命あるもの皆同じであるという概念に既存しているわけでございますけれども、今日はそういった観点から、動物福祉のことについて質問をさせていただきたいと思います。
これまで動物愛護法は様々な改正が行われる中で、動物取扱業の規制強化や、動物虐待あるいはいきに係る罰則、実験動物への配慮などが盛り込まれてきました。わが国におおける動物福祉は全体として進歩しているようにも見えるわけですけれども、畜産動物に関する内容についてはとても薄いものになっていると考えております。先進国の中で見ても、世界基準には程遠い状況だというふうに認識しております。日本には動物保護に関する法律やガイドラインはあるものの、現在その実効性が伴わない状況にあります。畜産業が動物愛護管理法の動物取扱業から除かれ、また法文内に畜産動物に関する個別の条項が設けられているわけではありません。農水省所管の畜産技術協会等が作成したアニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針の啓発活動を通じて産業動物の福祉を広めようとしているわけですけど、この指針には強制力はありません。またアニマルウェルフェアの向上を図っている国際機関であります国際獣疫事務局(OIE)が策定した基準よりやや低めの基準が規定されているのが現状であります。
そして、と畜場については厚生労働省の管轄となっておりまして、と畜場での動物福祉の取り組みは行われていないというふうに言わざるをえない状況ではないかと思っております。
なぜわが国がEUと比較すると遅れを取っているのか、この原因として考えられるものは、日本は畜産物を輸入する国でありまして、輸出をしてこなかった国であるとして、欧米での動物福祉の高まりとくらべて情報を仕入れる機会が非常に少なく認知度も低いのではないかと考えております。このことが今後大きな問題になるのではないかということを私は懸念をしております。というのは、2020年に開催される予定であります東京オリンピック・パラリンピック、この祭典に選手村の食事などで使用する食材は、畜産は農作物の要件に加えて持続可能性に配慮した調達基準、アニマルウェルフェアが重要視されているからでございます。つまり快適性に配慮した家畜の飼養管理のため、畜産物の生産にあたりアニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針に照らして、適切な措置が講じられていること、とされており、その指針は先程の畜産技術協会が作成した飼養管理指針を拠り所にしておりますので、この指針が国際的に認められるレベルかどうかが非常に問われるからであります。当然トップアスリートが集まる平和の祭典でございますので、とりわけ食に関しては関心が高い選手が非常に多いと思いますし、それだけではなく、アニマルウェルフェアによって飼育された食材によって栄養を取るということは彼らにとっては当たり前の事になっておりますので、その辺に関しまして、早急な対応がわが国でも必要になってきたのではないかというふうに考えております。
OIE基準を満たすアニマルウェルフェアに沿った畜産物を国内に流通させる、そしてその上で、海外に自信を持ってわが国から輸出をするチャンスに変えていくという選択肢を作り上げられればというふうに考えております。
もちろん命に対する尊厳は保った上で、それが当然であります。そういったことが実現した上で、わが国は初めて先進国といえるのではないかなというふうに思っております。インド独立の父で知られるマハトマ・ガンジーは「国の医大さ、道徳的発展は、その国における動物のあ使い方でわかる」とまで言われております。
そこで、中川環境大臣にお伺いいたします。
先進国、とりわけEU各国においては日本と比しても産業動物の福祉の理念が非常に浸透しております。牛や豚などの産業動物については、飼養管理、輸送、および処分方法にかかる法的規制も行う国もあると承知しております。
まず、わが国の動物愛護法における産業動物の福祉に関する取り組みについて確認した上で、産業動物に関する動物愛護法における位置づけについて環境省の見解をぜひお伺いしたいと思います。
そして、今後動物愛護法の見直し時期を来年に控えたなかで、動物愛護行政への意気込みを伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

(中川環境大臣)
動物愛護管理法に起きましては、産業動物を含む動物を取り扱う場合に、動物の飼養の目的の達成のために支障を及ぼさない範囲で必要な健康の管理等を行うとともに、動物の種類や習性等を考慮した飼養環境の確保を行わなくてはならないことを基本原則として規定しております。
また動物の飼養者の責務としてその動物を適正に飼養することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めることとされております。これらをうけて環境省としては産業動物の適正な取扱を確保するために、管理者等が遵守すべき産業動物の飼養および保管に関する基準として衛生管理や安全の保持に関する一般的な内容を定めているところであります。引き続き、産業動物の管理者等における取り組みが促進されますように、環境省としては関係省庁と連携しつつ、同基準の普及啓発に務めてまいります。
そしてこの動物愛護管理法でございますけれども、これは制定から数字の改正がございますけれどもいずれも議員立法によって改定されている経緯がございます。私も自民党の議員連盟に参加をしていたわけでございますが、自民党にも公明党にもございますし、超党派の動物愛護議員連盟がございまして、そこで改正に向けたいろいろな議論が煮詰まっていくものと思います。この動物愛護管理法がずっと議員立法で対応されていることがございまして、環境省としては格闘での議論の内容に注視していきたいと思っております。

(堀越議員)
ご答弁ありがとうございます。このオリンピック・パラリンピックで用いられる食材の量は当然国内消費の比率からすればほんのごく僅かではありますけれども、しかし、今国民のみなさんも健康面、あるいはそれこそ動物愛護、ペットを愛でるそういう思いから動物福祉全体に対する関心は非常に高まっていると認識しております。また、輸送ですとか屠畜の様子も今はインターネットが普及している兼ね合いでかなり国民の皆さんの目に触れる場面が多くなってきておりますので、ぜひわが国でもEU、OIEに基準した動物福祉への取り組みを全力で取り組ませていただければと考えております。
私も議員連盟の方には属させていただきますので、これから訴えをさせていただこうと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。



ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube
広告