卵 - たまご

エンリッチケージ と バタリーケージ

2016/07/17

EUでは2012年から鶏のバタリーケージは禁止になっています。
しかしケージ飼育そのものが禁止されているわけではありません、ケージであっても改良型ケージ(エンリッチケージ)であれば合法です。
現在EUではこの改良型ケージか非ケージ(フリーレンジ:放牧、フリーバーン:建物の中で放し飼い)のみが容認されています。

 

では、エンリッチケージとはどういったケージのことでしょうか?

EU指令「採卵鶏の保護のための最低基準を定める 1999 年 7 月 19 日の理事会指令 1999/74/EC」(COUNCIL DIRECTIVE 1999/74/EC of 19 July 1999 laying down minimum standards for the protection of laying hens)にはエンリッチケージについて、次のような最低基準を設けています。
 
  • 1羽につきケージ面積 750 ㎠(うち利用可能面積 600 ㎠)以上
  • 全体が高20cm以上
  • 総面積2000㎠以上。ただし利用可能面積とは、幅30cm 以上、床の傾き14%以下、高さ45cm 以上を満たす部分の面積 
  • 巣箱・敷料・止まり木(1羽につき15cm以上)の設置 
  • 制約のない給餌容器の設置と長さ(1羽当たり12cm以上) 
  • 給水装置の設置と数 
  • ケージの各層間(90cm 以上)および建物の床と最下層ケージの間(35cm 以上)の距離 
  • 爪研ぎ用具の設置

(農林水産省 平成 25 年度海外農業・貿易事情調査分析事業(欧州)報告書 第 III 部 EU における動物福祉(アニマ ルウェルフェア)政策の概要より引用)

*非ケージシステムの場合も、エンリッチケージ同様に最低基準が細かく設けられています。例えば非ケージシステムの飼育密度は利用可能面積1㎡当たり9 羽以下と定められています。

 

本当にエンリッチ(よりよい環境)なの?

日本の92%(*1)で以上の養鶏場で使用されているバタリーケージは、その平均サイズが470㎠(*2)ですので、EUのエンリッチケージの750㎠はバタリーケージよりも広さはあります。しかし「エンリッチ」といっても所詮はケージです。最低基準750㎠というのは30㎝×30㎝にも満たない大きさなのです。
現在EUではエンリッチケージは認められていますが、消費者はエンリッチケージにも拒否を示し始めています。こういった世論を受けてEUではケージ飼育そのものを廃止しよという動きがあります。

オーストリアは2020年に(*3)、オランダは2021年に(*4)ケージ飼育を禁止する予定です。
ドイツとイギリスは独自の基準を設けており、鶏が床面などを自由に動き回れる平飼いや放し飼いを基本とした飼養方式に移行しています(*5)。
イギリスでは2003年から2011年にかけて、非ケージ卵の占める割合が31から51%に増加。オーストリアでは57%に、イタリアでは24%、ドイツでも57%に増加しました(*6)
(スイスはEUの規制前にケージ飼育を廃止しています。)

こういった動きはEUだけではなく、(2012年時点で、)オーストラリアとニュージーランドでも、過去5年間で放牧と平飼いの割合が増加しています。(*7)

企業単位での動きはさらに早く、一部抜粋しただけでも下記のような企業が、ケージフリー(ケージ卵の廃止)を発表しています。
 
2013年、オーストラリア最大手のスーパーマーケット、ウールワースが、2018年までにケージフリーにすると発表。
2013年、フランスの有名スーパーチェーン「モノプリ」が自社ブランドにおいて放牧卵しか扱わないと発表。
2014年、メキシコの大手外食企業Eurestが、ケージフリーの推進を発表。
2014年、オーストラリアのサブウェイが、今後1年~1年半でケージフリーにすると発表。
2014年、オーストラリアのマクドナルドが、2017年までにケージフリーにすると発表。
2014年、食品大手のハインツは北米事業における卵の20%を2015年までにケージフリーにすると発表。
2014年、アメリカのスターバックスが、ケージ飼育の卵の段階的削減を発表。
2015年、サブウェイがアメリカ、カナダ、メキシコで2025年までにケージフリーにすると発表。
2015年、世界最大級のホテル企業、ヒルトン・ワールドワイドが、世界19ケ国のホテルで、ケージ卵を2017年までに廃止すると発表。*日本はこの決定から外れています。
2015年、アメリカとカナダのマクドナルドが、ケージフリーを発表。今後10年間でケージ卵を廃止する予定。
2015年、アメリカのダンキンドーナツとケロッグが、2025年までにケージフリーにすると発表。
2015年、アメリカのネスレが、2020年までにケージフリーにすると発表。
2015年、BARILLAが、2020年までにケージフリーにすると発表。
2015年、世界最大手のクルーズ客船運航会社カーニバル・コーポレーションが2025年までに同社全ブランドにおいてケージフリーにすると発表
2015年、メキシコ、アメリカ、カナダ、ラテンアメリカ、中国、イギリスに企業展開しているメキシコ最大手の製パン企業であるグルポ・ビンボは2025年までに全世界においてケージフリーにするという企業努力を発表
2016年、ウェンディーズが、2020年までにアメリカとカナダでケージフリーにすると発表
2016年、アメリカのデニーズが、2026年までにケージフリーにすると発表
2016年、世界最大の小売店、アメリカのウォルマートが、2025年までにケージフリーにすると発表
2016年、アメリカ国内に3400店舗以上のスーパー、コンビニを展開するクローガーが、2025年までにケージフリーにすると発表
2016年、バーガーキングとティム・ホートン(両社とも親会社がRestaurant Brands International)がカナダ、アメリカ、メキシコで2025年までにケージフリーにすると発表。
2016年、イギリスのスーパーマーケット テスコ が2025年までにケージフリーにすると発表

 

エンリッチドケージで鶏の福祉を保障することは不可能です。
enriched cages hens あるいはfurnished cages hensなどと入力して画像検索してみてください。実感として「改良」になっていないと多くの人が感じると思います。
エンリッチドケージを含めたケージ飼育そのものを廃止する必要があります。





*1 2015年度国産畜産物安心確保等支援事業(快適性に配慮した家畜の飼養管理推進事業)飼養実態アンケート調査報告書参考
*2国産畜産物安心確保等支援事業(家畜飼養管理国際基準等対応事業)2008年採卵鶏の飼養管理実態調査
*3 Caged hen investigation proves new colony cages are cruel
http://www.scoop.co.nz/stories/PO1604/S0004/caged-hen-investigation-proves-new-colony-cages-are-cruel.htm
*4 Enriched cages most sustainable
http://www.worldpoultry.net/Eggs/Articles/2015/10/Enriched-cages-most-sustainable-2692594W/?cmpid=NLC|worldpoultry|2015-10-21|Enriched_cages_most_sustainable
*5 2013.3月号「畜産コンサルタント」
*6 EU egg labelling scheme http://www.labellingmatters.org/about-us/eu-egg-labelling-scheme.html
*7 2015.2月号「鶏の研究」

 
関連記事
卵の問題 http://www.hopeforanimals.org/animals/tamago/
 

カテゴリ毎記事一覧

飼育方法
動物福祉
キャンペーン・アクション

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube