フランスの全ての屠殺場に動物福祉のための監視カメラCCTV導入

2017/01/17

2017年1月12日、フランス議会は全ての屠殺場に動物福祉のための監視カメラ(CCTV)を導入することを命じる法案を可決した。この法案では、2018年までに導入することとされ、技術的な面は今後議論される。また、動物を不当に扱った場合、その人は1年以内の刑が科せられると言う。

これは、2016年にフランスの動物の権利団体L214が立て続けに屠殺場の動物虐待を明らかにし、フランスメディアが取り上げ、フランス全土で議論が行われてきた結果だ。
動物福祉が進んでいると言われる英国ですら、まだ法的にCCTVの導入は決定されておらず、フランスが今後屠殺場での動物福祉に関し一歩先んじることになる。英国でもフランスの決定に促され、今後さらに議論が大きくなるだろう。
また、イスラエルはすでに2016年中にCCTVが全屠殺場に導入されており、今後欧米では屠殺場での福祉改善が進んでいくことになると予測される。

これら全ての変化、真実が明るみになったからこその変化だ。

何も見えない、隠されている日本、何が起きているのか。
議論もなく、隠された状態の中では、状況は悪化こそすれ、改善することはない。



フランスの調査ビデオを見る
http://www.l214.com/video


201701171846_1-850x478.jpg
写真:L214

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube