ブロイラー(肉用に飼育される鶏)の一生

2015/09/21

日本のブロイラーの飼育面積は、16~19羽/㎡ 

(2014年農水省調査)

ブロイラーは、経済性を追求するために、合理化された大規模な密閉型の鶏舎の中に収容され、通常他の生産システムより高い飼養密度で飼養されており、日本では一般的に1㎡当たり17羽前後の過密飼いとなっています。

201509212356_1-400x600.jpg
*畜舎のブロイラー 写真提供 Compassion in World Farming 

育種改変の弊害

徹底した育種改変の研究により、自然界の鶏は成鶏に達するのに4~5か月かかるところをブロイラーは50日程度で成鶏に達します。
その急激な成長はブロイラーに身体的負担を与えます。
イギリスの研究では、ブロイラーの30%近くは体を支えることが難しく歩行困難となり、3%はほとんど歩行不能となっている、また、心臓にも負担がかかり、100羽に1羽は心臓疾患で死亡することが報告されています。

『ブロイラーの1/4は、一生の1/3を慢性的な疼痛の中で生きているだろう』そういう研究者もいます(2009「動物への配慮の科学」)。

工場畜産の拡がり

農林水産省がブロイラー生産量を初めて公表したのが1960年。1965年以降ブロイラー生産が本格化・大量化・集約化するとともに、それまで発生の見られなかった新しい疾病が多発するなど伝染病の危険が増大し、飼料添加薬、ワクチン、抗生物質、抗菌剤の飼料への配合などが常用されるようになりました。

鶏本来の習性

鶏は、朝起きたら羽ばたきし、見繕いをし、地面をつつき採食し、1匹の雄を頂点とした秩序だった生活を好む生き物です。
鶏は40~80羽くらいしか他個体を識別できません。鶏は社会生活を営む動物であり、群れにははっきりとした順位がありますが、個体密度の高い屋内に、数万羽単位で閉じ込められる環境では、社会秩序を維持することができず、鶏には大きなストレスとなります。
鶏は野生の時からの習性が残っていて、木の上に止まって寝る習性があり、飛び上がる羽・足の力を鍛えるためにも止まり木は欠かせませんが、鶏舎の中に止まり木があるところはほとんどゼロです。

趾蹠皮膚炎(FPD)

また、欧米で動物福祉の指標のひとつとして議論されている、ブロイラーにおける趾蹠皮膚炎(FPD)ですが、日本におけるブロイラーのFPDの発生状況の調査(「わが国のブロイラー鶏における祉蹴皮膚炎の発生実態に関する研究」橋本信一郎2011 )では、「FPDは調査した全ての鶏群で観察され、一部の鶏群では全ての個体にFPDを認めた」など広範囲にわたり、高率にFPDが発生していると報告されています。

FPDの発生要因として、床状態の悪さ、飼育密度の高さなどが考えられています。FPDが重度になると、鶏は疼痛による歩行困難、発熱ストレスに苦しみます。

ブロイラーの趾蹠皮膚炎(FPD)の詳細


201705051501_1.jpg
茹でられたあと

ブロイラーの死因

【ニワトリ4270羽死ぬ 熱射病か、庄内4養鶏場】
(山形新聞 2016年08月09日)
  8日朝、庄内地方の4養鶏場でニワトリ計4270羽が死んでいると、各養鶏農家から県庄内総合支庁に連絡があった。死因はいずれも熱射病とみられる。同支庁家畜保健衛生課によると、ニワトリは体温が高く、出荷までに一定数は被害に遭うが、1日でこれだけの数が死ぬのはまれだという。


新聞によると、県内では毎年熱中症で、3千~5千羽のブロイラーが死んでいるそうです。


201509212356_2-500x333.jpg
*ブロイラー 写真提供 Compassion in World Farming

出荷

生後51~55日、体重2.5~3㎏で出荷され、屠殺場に連れて行かれ、ベルトコンベア式に足をつるされ首を切られます。
ベルトコンベア式の機械による切断に失敗し、意識のあるまま熱湯の中に入れられることもあります。

一羽あたり、1000~1500円程度で取引されます。

201306252230_2.jpg

201306252230_3.jpg


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

カテゴリ毎記事一覧

飼育
アニマルウェルフェア
アクション・キャンペーン
ページ最上部へ