豚-ぶた

本当の豚の習性を知ってる?本来の豚の生態を知ろう

2015/11/03

本来の豚の姿を知っていますか?

  • 豚は自然界では家族とともに社会的なグループを作って暮らしています。
  • 約30頭ほどの仲間を認識し記憶することができます。
  • あの特徴的な鼻と鼻を合わせ、グルーミングをして挨拶を交わします。
  • 複数のタスクを記憶し、学習することができ、起きることを予測することができます。
  • トイレと寝る場所はきちんと区別します。
  • 生活の31%を探索や餌を探すことに使い、21%は穴を掘り、14%は散歩をし、横たわるのは6%です。
  • 母豚は、安全に埋める場所を探すために9Kmも歩きまわり、巣を作るために10時間かけます。
  • 豚の突き出た鼻は、ミミズやきのこ、根っこ、蛇、果実などを探すために発達しました。
  • 身体の3分の2は水分だが、それだけ水を飲める環境は彼らにとって重要です。
  • 豚たちは20種類ほどの鳴き声を使い、コミュニケーションをとっていると言われています。
  • 一部の豚は、雌の木を引きたい時には歌を歌います。
  • 母豚が授乳の時間を子供に知らせるときは、独特の音を出して自分の子供達を集めます。
  • 子どもたちは自分の母親を間違えたりはしません。
  • 好奇心が旺盛で、新しい物をよく研究します。
  • おもちゃになる小枝や鳥の羽などを見つければ、長い時間それで遊び続けます。
  • 泥浴びが大好きです。水だとすぐに蒸発し冷却効果が長続きしないため、泥浴びを好みます。
  • 泥浴びをすることで身体の菌や寄生虫を落とします。
  • 日光浴が大好きです。日光浴で殺菌をしたり、身体や心の健康を保ちます。

そして、
  • 狭い閉じ込め飼育から解放されると、すぐに長距離移動したり探索する行動に戻ります。

彼らの生態、個性を尊重してください。
201511031546_1.jpg

豚が好む場所

猪と同様に主に森林に住み、どんぐりやナッツ、きのこなどなんでも食べる。優れた嗅覚と、穴を掘りが得意な鼻を使って、隠れた食べ物を探しだします。
湿地や沼地を好み、水場と泥のある場所にアクセスできる場所に好んで住んでいます。
行動範囲は1~25平方キロメートルと広く、季節ごとの食べ物や水を求め、移動します。その際は周囲の環境変化、人間の干渉範囲を見極め、行動しているといいます。
豚は新しい餌場を探索しながら、行動範囲を広げ、ときには一晩で15キロ移動することもあります。
そして平和な性質を持つ豚は、そのテリトリーを他の豚や他のファミリーグループと共有することも知られています。

食べ物

多くの有蹄動物は草食動物として進化してきましたが、豚は雑食動物です。さらに、牛や馬のように1~2頭の子供を生む他の偶蹄類とことなり、豚は一度の出産でおよそ4~7頭ほどの子供を産みますが、工場畜産では10頭ほどの子供を産むように品種改変されています。
彼らはその土地、季節ごとに採取できる食べ物に適応し、例えば春は草などを食べ、なくなれば根っこや球根や木などを食べ、秋から冬はどんぐりや果実、ナッツなどを食べるために森に入っていきます。きのこを食べたり、味覚は高度に発達しています。
主には植物を食べますが、ときに、ミミズ、昆虫、両生類、爬虫類、げっ歯類、、腐肉を食べて、食べ物を補っています。
猪よりも豚は動物性食品の消費量は4%少ないといわれています。

子育て

母豚は5~8ヶ月で成人に達し、繁殖をはじめます。
妊娠したメスは出産の1~2日前に群れを離れ、安全に出産できる場所を探します。
人里から離れた乾燥したみどり豊かな場所を好み、地中に穴を掘り、草や小枝で隠し、快適な巣を建設します。
そして4~7の子供を出産。
子豚はデリケートで弱いけれど、産まれてすぐに歩き始め、見ることも聞くこともできます。すぐに母親を認識しお乳を吸うための乳首を見つけます。その授乳場所の序列は初日に決まります。
母親は様々な声を利用して自分の子供を管理し、そしてあやします。子豚は自分の母親の声を認識することができます。母親ま子どもたちのために子守唄も歌います。

出産後すぐに母豚は巣の周辺でエサの探索を開始します。子豚たちは数日以内に母豚の探索についていき始めます。そして出産の7~14日後には巣を放棄し、子豚を連れて元のグループに戻ります。
群れの中で同じ時期に出産した豚がいる場合、子育ての業務を共同で行うこともあります。他人の子供の面倒を見る行動は珍しくなく、この行動は他の哺乳類や鳥類でも見られる行動です。兄弟間の絆は強く、生後8週間の時点ではまだ完全に群れにくっついて行動します。離乳は遅く、14~17週までお乳を飲み続け、7~18ヶ月後に再び母親が妊娠する頃、独り立ちします。

行動と社会性

豚はとても社会的な動物で、母系の小さなグループを作ります。その群れは2~6頭の母豚とその子どもたちで構成され、さらにその小グループが緩くネットワークを作ることもあります。
グループの大きさは、エサや水などが多いかどうかなどの環境要因によってかわり、典型的な小グループは6~30頭で構成されていますが、時には100頭になることもあります。
メスは7~18ヶ月で発情するまで子どもは群れで過ごし、母親が次の繁殖に入ることに巣立ち、若いオスたちはグループを作ります。 
工場畜産の中で過密に飼育されていると、神経質になり攻撃的になり、反発的になりますが、そんな動物では本来はありません。 
とても穏やかで、グルーミングをしたり仲間と密接な接触をしています。夜は巣で一緒に眠り、大人は草や枝などでその寝床を新鮮なものに保ちます。
互いに鼻を接触させることで挨拶をします。採食や探索をしながら仲間の行動を見て学習をし、声で常に互いの行動を認識し合います。声は20種類以上の声を使い分けているといわれています。
ニオイと視覚的な要素を使い、仲間の顔を見分けることもできます。
とくに嗅覚はコミュニケーションにも役立っており、フェロモンを唾液や尿に分泌させ、ニオイを放出することで、コミュニケーションをとることが出来ます。
相手が見えなくても尿や体臭で見分けることができます。そのすぐれた嗅覚は、自分の子供とはぐれないためにも役に立っています。
餌を探すためにも役立っており、地面の中の深い場所にある根を見つけることが出来るほど嗅覚も優れています。
自分の家の周囲にはやはりニオイでマーキングしますが、テリトリー意識が強くない豚のその目的はグループの結束を確立することです。
その特徴的な鼻は、高い感覚受容体があり、さらに穴を掘り返すのに十分なほど頑丈です。
豚は鼻をつかって食べ物を探し掘り返します。

健康管理

とても活発な豚は、探索のために昼間の75%は動きまわっており、最大6~8時間採食や探索に使います。走り回り、仲間と触れ合います。
豚はとても衛生的な動物であり、排便や排尿をする場所には自分の寝床から遠い場所を選びます。
木などに体を擦り付け、グルーミングをします。
豚は汗腺を持っていないため、体温を調節することはとても重要な行動であり、暑さにストレスを感じやすい動物です。そのため、定期的に水浴びや泥浴びをして暑さを防ぎます。特に泥は彼らの体を覆うため、日光から体を守る効果もありますし、寄生虫を落とす効果もあります。
暑い季節を涼しく過ごすために、暑い時期は彼らは行動の多くを夜に制限することもあります。夜行動することは捕食者を避けることにもつながります。
寒い時には、エネルギーを節約するために採食活動を低下させ、夜の間は休み、日中に行動をします。

頭脳

豚はチンパンジーと同等に賢いと言われることすらあるほど、頭のいい動物です。チンパンジーと同等であれば、人と同じようなものということですね。
ペンシルベニア州立大学の研究者は豚がコンピューター画面でカーソルを動かすことで、単純なマッチングゲームをプレイすることができることを発見し、タスクを学習するために霊長類と同等の能力を発揮することを実証しました。
ケンブリッジ大学のドナルドブルーム教授は豚は犬よりも洗練された認知能力を持っており、確実に人間の3歳児より賢いと述べています。
[ 動画:知能を証明 後半は子供と豚の頭脳戦です] 


豚は、工場畜産よりも、自然の中で自由に過ごすことに向いている動物です。
豚を閉じ込めて飼育する畜産、利用しない選択を。

201511031546_2.jpg
201511031546_3.jpg

写真:Compassion in World Farming

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

カテゴリ毎記事一覧

飼育方法
事件・事例
キャンペーン・アクション
アニマルウェルフェア
妊娠ストール
規制・法律
ページ最上部へ