LOADING

Type to search

アニマルライツセンターは2016年2月、畜産動物の飼育実態がどれほど認知されているのか、民間会社を利用して調査を行いました。
結果、それぞれの質問について「知っている」と回答した人は4~13%と非常に低い数値でした。
妊娠ストールも体の一部の切断も、アニマルウェルフェアという言葉さえほとんどの人が知らないという状況にあります。

日本で工場式の畜産が広がったのは戦後のことで、まだ人々の頭の中では広々とした牧草地でのびのびと草を食み地面をつつき、穴を掘り返して暮らしているという牧歌的なイメージがあるのかもしれません。しかし現実はそうではありません。
現代の工場型の畜産現場では多くの動物が通常行動もできず、苦しんでいます。

飼育実態を知らずして、畜産利用されている動物の権利や福祉に関心を持つことは困難です。
私たちはもっと現状を正しく伝え、問題提起していかなければなりません。

【調査名】畜産動物に関するアンケート
【調査主体】NPO法人アニマルライツセンター
【調査期間】2016/2/25~2016/2/26
【有効回答数】1,206
【調査設計】 手法:インターネット調査(ネットモニター)
【調査地域】全国
【対象者条件】ネットモニターうち、15才以上男女を対象

質問1 母豚の多くが、方向転換できない状態で拘束飼育(妊娠ストール飼育)されていることを知っていますか?

質問2 子豚の多くが、麻酔なしで去勢や歯・尾を切断されていることを知っていますか?

質問3 卵用鶏の多くが、バタリーケージという一羽あたり22センチ×22センチ程のスペースで飼育されていることを知っていますか?

質問4 卵用鶏の雛の多くが、麻酔なしでクチバシを切断されていることを知っていますか?

質問5 乳牛の多くが、つながれた状態でほとんどの時間を過ごしていることを知っていますか?

質問6 牛の多くが、麻酔なしで去勢や角の切断をされていることを知っていますか?

質問7 アニマルウェルフェアあるいは動物福祉という言葉を知っていますか?

質問8 平飼卵あるいは放牧卵が、スーパーなどで販売されていることを知っていますか?

質問9 豚・鶏・牛について。日本では海外で禁止されている飼育方法が行われていることを知っていますか?

*年代・性別で認知度に大きな差はありませんでした。

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE