LOADING

Type to search

動物を殺して農家に補助金?
動物を殺して農家に補助金?

あなたは知っていましたか?
卵や牛乳が“安くなりすぎないように”
乳牛や採卵鶏が殺され続けています。

動物の命で生産調整をする補助金制度を廃止しよう

4,746 signatures = 95% of goal
0
5,000

現在【4746 名】の署名が集まっています!

※プライバシーポリシーはこちら

補助金を出している農林水産省にも直接意見を届けよう。

一体、何が起きているの!?

今、畜産の現場では
卵や牛乳の価格を常に一定にさせる”安定供給”のためだけに
動物を殺して生産量を調整をしているんです。

乳牛

牛乳が余って、価格が下がりつづける昨今。
生産量を減らすために【乳牛を殺した農家に15万円の補助金】が出されます。
政府は、この補助金で4万頭の乳牛を殺すことを目標にしています。

乳牛 15万円で殺される

採卵鶏

今年は鳥インフルエンザで価格が高騰した卵しかし、卵はいつも作りすぎていて、税金を投入して調整しないと価格が下がります。
2020年度には価格が下がりすぎたために、産卵中の1千425万羽もの鶏を殺処分生産者と屠殺業者に補助金16億3千万円が支払われました。

卵用の鶏 300円程度で殺される

動物は命あるもの。
体調が悪いときだって、
寒ければ体調をくずすことだって当然あります。

一定の価格、一定の供給量を求めること自体
現実的ではないことは明らかです。

例えば、卵。

本来ニワトリのものである卵を食べなくても
本来牛の赤ちゃんのためのものである牛乳を飲まなくても
健康上に何ら問題はありません。
むしろ、健康・環境にとって良いことづくめ。
卵も牛乳も、なくても大丈夫。

【参考】#卵なくても大丈夫 卵の価格高騰?卵不足?問題ありません!

これらの生産量調整による殺処分は、
税金によって行われています。

生産調整による殺処分を奨励しているのは行政です。

牛乳や卵が過剰供給となり価格が安くなったとき、
乳牛や採卵鶏を屠殺するように補助金を出しているのです。

動物を屠殺すれば補助金をもらえる農場、食鳥処理場。
その補助金は我々の血税、税金です。

何の罪もない動物を殺すために、
今日も税金が使われています。

悪影響はいたるところに…

O1倫理観の破壊

牛乳や卵がなくても人間は死んだりしないのに、安定供給のために動物を殺すことをいとわないのは、命の軽視そのもの。
命は大切だと言いながら、生産調整のために税金を使って鶏や牛を殺す。私達の社会が大切にしなくてはならない道徳観や倫理観を根本から破壊する行為だ

O2|税金の不適切な利用

乳牛と採卵鶏は機械ではなく動物なのに、その特性を無視して、価格も量も常にコントロールしようという無茶な政策に巨額の税金を使っている。2020年の採卵鶏の殺処分には16億3千万円が出され、今年の乳牛の殺処分には50億円が出される。

O3|経済活動の阻害

牛乳・卵の生産者はもはや税金による補助がなければ成り立たない商売。政府が無理やり安定供給を実現してきたことによって、食品関連企業は過信して牛乳と卵がないと成り立たないビジネスモデルを作ってきた。牛乳や卵は元々不安定。これに合わせた変革が迫られている。

SDGsやサステナビリティと逆行する補助金制度は
いますぐに廃止する必要があります。

殺処分の恐怖に怯えている
声なき畜産動物たちの代わりに
声をあげられるのはあなたしかいません。

ひとつでも多くの命を救うために
どうか力を貸してください。

現在【4746 名】の署名が集まっています!

※プライバシーポリシーはこちら

農林水産省にも直接意見を届けよう。

殺処分を行った事業者へ補助金を出している
農林水産省へ直接意見を届けてみましょう。

あなたの声が、社会を変える力になります。

賛同の輪を広げよう。

SHARE