LOADING

Type to search

日本の食鳥処理、悪化の一途。2019年は51万羽以上が生きたまま熱湯に入れられた!

これが自分だったら・・・?

足を固定されて、逆さに吊り下げられて、刃物で首をほんの少し切られ、少し血を流したまま、吊り下げられ続け、数分後、熱湯に頭から入れられる。

これが犬だったら?猫だったら?人だったら?

こんなことを許す社会は健全だろうか。

しかし、鶏肉を仕入れ、加工し、販売し、食べる人々はこれを許している。動物たちの苦しみは見えないところで発生しているから自分には関係ないことのように、日常を送っている。鶏たちが国内の食鳥処理場(つまり屠殺場)で、首を斬る前に意識を失わせないばかりではなく、首を斬ることにすら失敗し、生きたまま熱湯に入れられ、茹で殺されている問題を、アニマルライツセンターでは2018年から指摘してきた。衆議院などでも取り上げてくれる議員もいた。しかし、改善していないことが2019年度の国の統計で明らかになった。

2017年度、生きたまま熱湯に入れられた鶏の数は、47万4千665羽だった。

2018年度、生きたまま熱湯に入れられた鶏の数は、50万8千406羽だった。

2019年度、生きたまま熱湯に入れられた鶏の数は、51万2千965羽だった。割合は0.063%で、パーセンテージ自体は前年度と変わっておらず、つまりは改善は見られない。

一羽だって許されるべきではない行為なのに、年々増加、2019年度も4,559羽も犠牲数が増えているのだ。

2019年度の内訳は採卵鶏が198,707羽、肉用鶏が314,258羽であり、屠殺の精度の低さで言えばあきらかに採卵鶏のほうが低く、ぞんざいに扱われていることが明白である。

繰り返すが、1羽だってこんな扱いは許されてはならない。めったに強く禁止はしない(できない)OIE(世界動物保健機関)のアニマルウェルフェア規約 第7.5章では、「意識がある又は生きた鳥が、熱湯処理タンクに入ることがないよう、あらゆる努力がなされること。」と強く規制しており、これが世界的に許されていないことを示している。

食鳥処理場が自主的に改善することはないだろう。消費者が変わり声を上げなければ、営利を優先する企業や生産者は絶対に変わらない。
どうやって声を上げるのか。
一番簡単にできる最小限のことは卵と鶏肉を食べないことだが、それだけではこの動物たちの状況は変わらない。
もう少し動物たちのために一歩を踏み出してくれるのであれば、卵製品と鶏肉製品を販売したり、提供する店やレストラン、加工会社に改善を調達する企業自身が調達先や生産者に促すよう、伝えてほしい。

彼女がそんな目に合うのだと、想像してみてください。許されません!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE