LOADING

Type to search

ケージフリーの国際キャンペーン、ハードロックカフェに残酷なケージの支援を停止することを求める

ケージフリーの国際キャンペーン、ハードロックカフェに残酷なケージの支援を停止することを求める

75のNGOの連合がハードロックカフェに世界中で100%ケージフリーの卵に切り替えることを求める

アニマルライツセンターも参加する Open Wing Alliance オープンウィングアライアンス(OWA)は、ハードロック社に対して包括的なグローバルケージフリーキャンペーンを開始した。75以上の動物保護団体が主導するこのキャンペーンは、同社のレストラン・カジノ・ホテルなど世界の217店舗にて、ケージ飼育の卵の使用をやめ、100%ケージフリー(平飼い)の卵を調達することを約束するよう求めている。

この国際キャンペーンは、世界中の工場畜産における鶏の福祉を改善するために団結した世界的な連合であるOWAのメンバー団体によって実施されている。日本ではハードロックを運営する(株)WDIが対象である。今回の国際キャンペーンは、サプライチェーン内で行われている悪しき慣行を改善する責任を企業に求めるものだ。

「世界中の大都市に位置する主要な観光名所として、そして「全ての者を愛し、全ての者に尽くそう」、「親切にする時間をとろう」、「地球を救おう」、「すべては一つ」などのモットーを支持するものとして、ハードロックは、サプライチェーン内で飼育されている動物が毎日耐えている苦しみに実質的に対処する責任があります。」とOWAの代表であるアレクサンドリア・ベックは述べている。

国内のOWA加盟団体であり、今回の日本におけるキャンペーンを主導する認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事の岡田千尋は、「同社はアニマルライツセンターからの動物福祉についての面会の要望もお断りされました。マヨネーズを含む食材調達のサプライチェーン全体に同社は責任を持ち、100%のケージフリーポリシーを日本を含む世界全体で発表されることを望みます。」

現時点ではハードロックは世界中のどの店舗でもアニマルウェルフェア政策を実施していないようだ。ハードロックが卵製品などに使用している卵は、鶏を小さな汚い檻の中に閉じ込める工場式畜産場から来ている。ケージは狭くぎゅうぎゅう詰めで、鶏たちは自然で本能的な行動を一切とれない。多くの場合、彼女たちの体の一部がケージに引っ掛かり、その結果、骨折し、脱臼し、また羽毛が剥げ落ちる。疲れ果て、動けない鶏は、餌を食べられず衰弱死していったり、ケージの仲間に踏まれたまま死んでいくこともある。ハードロックは、全くアニマルウェルフェア政策を実施していないため、世界中の市場で採卵鶏の虐待と劣悪な扱いに加担している。

ケージフリー卵に対する消費者の需要が急速に高まるにつれ、世界の企業や業界のリーダーたちはケージを放棄し、世界中の何百もの企業がケージフリーに移行している。残酷なケージを廃止するための世界的な取り組みは、レストラン・ブランド・インターナショナル、ユニリーバ、ネスレ、ヒルトン、マリオットグループ、コンパスグループ、バリラなど、多くのグローバル企業が行っており、日本でも100以上の企業やお店がこの恐ろしい飼育方法から遠ざかっている。
しかし、ハードロックはアニマルウェルフェアの向上に向けたこの世界的な波に乗れていない。

OWAは、Change.orgの署名を開始し、HardRockHorrors.comを通して一般の人々が参加できるSNSのアクションやキャンペーンを実行する。2月24日には、世界中の何千人もの活動家が参加し、ハードロックが世界中でケージを使わないようにすることを求めるツイートストームなどのアクションを一斉に行う。

ハードロックカフェへ意見をとどけてください

世界的に有名なハードロックカフェに、日本を含めたすべての国でケージフリーのポリシーを発表してもらうためには、日本の消費者の力が必要です。署名へのご協力と拡散、日本でハードロックカフェを経営する(株)WDIへ日本を含む世界中でのケージフリーを求める意見を届けてください。またハードロックカフェのTwitterページへのコメント等にもご協力ください。

詳細や参加はこちら:HardRockHorrors.com

ツイッターでケージフリー運動をフォローしよう:@GlobalCageFree

Open Wing Alliance (OWA) とは

OWAは、世界中の鶏の虐待を終わらせるためのキャンペーンに焦点を当てた動物保護団体の世界的な連合である。この連合は2016年に The Humane League によって設立され、75のメンバー団体が世界最大の企業の動物の扱い方を変え、企業の動物福祉ポリシーの新しい基準をすべての主要市場で、そして世界的に設定することで、グローバルな力に成長した。

認定NPO法人アニマルライツセンターとは

アニマルライツセンターは、動物たちの現状を明らかにし、アニマルウェルフェア向上とアニマルライツの普及を行う日本の動物保護団体。主に、卵や肉などの食べ物として扱われる動物、毛皮やアンゴラなど衣類素材として扱われる動物を守るための活動や、日本全国のアニマルライツの行動ネットワークづくり、エシカル消費の推進を行う。2005年から開始した毛皮反対キャンペーンでは、10年間で日本の毛皮消費量を80%減少させてきた。

連絡先:Open Wing Alliance 日本加盟団体
認定NPO法人アニマルライツセンター 代表理事 岡田千尋
03-3770-0720 animalrights@arcj.org https://arcj.org
東京都渋谷区宇田川町12-3ニュー渋谷コーポラス1009

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE