LOADING

Type to search

乳用牛の飼養管理に関する指針(案)に対する意見

アニマルウェルフェアを向上させることが目的であるはずの指針にも関わらず、繋ぎ飼いを肯定しています。下記の長い内容を読んでいただければ嬉しいですが、最低限、繋ぎ飼いを廃止することを意見に入れてください。

パブリックコメント全体についてはこちらへ

以下、参考にしてください。

アニマルライツセンターから提出する意見

(1)乳用牛の飼養管理に関する指針(案) 

1 管理方法

 1, 観察・記録 

「牛の健康悪化の兆候としては、姿勢の変化、被毛の状 態の変化、目やに、鼻水、下痢、食欲不振、反芻の消失、速く不規則な呼吸、持続的 な咳や喘ぎ、震え、跛行等が挙げられる。 」

に、OIE規約に沿って、横臥時間の変化、体を丸める、過剰な毛繕い、常同的・沈鬱的その他異常な行動の表出、繁殖効率、搾乳時の拒否的な行動を加えること。

 

「記録する項目としては、牛の健康状態、疾病・事故の発生の有無、泌乳の状況(乳量等)、飼料摂取量、水が適切に給与できているか どうか、最高及び最低温度、湿度等が挙げられる。」に、OIE規約に沿って、生産データ(搾乳牛頭数、出産、当該牛群への動物の移出入)だけでなく、敷料の状態、異常行動、体の汚れ、死亡率、淘汰率及び獣医学的治療の記録を加えること

 

「牛の健康状態、採食や反芻の状態、損傷や跛行の発生状況、休息 の状況等を観察し」に、OIE規約に沿って、異常行動、体の汚れを加えること。

 

「飼料及び水が適切に給与されているか、換気が適切に行われているか、照明に 問題がないか等」に、OIE規約に沿って、敷料が汚れていないか等を加えること。

 

「牛の健康状態、疾病・事故の発生の有無、泌乳の状況(乳量等)、飼料摂取量、水 が適切に給与できているかどうか、最高及び最低温度、湿度等について、毎日記録 をつける。」に、OIE規約に沿って、生産データ(搾乳牛頭数、出産、当該牛群への動物の移出入)だけでなく、敷料の状態、異常行動、体の汚れ、死亡率、淘汰率及び獣医学的治療の記録を加えること。

 

記録には、殺処分の実施者と方法を加えること。

 

2, 牛の取扱い 

OIEコードのと殺にあるように、「その動物が応答せず移動しない時には、何か物理的もしくはその他の障害が、動物の移動を妨げていないかどうか調査すること」、電気スタンガンやその他の刺激は「体の後部への使用に限定する(厳密にはEUのように後肢の筋肉にのみ)」を加えること。

 

3, 除角 

OIE規約に沿って、無角牛の選択が、除角よりも望ましいことを加えること。

除角に変わる「角カバー」があることを加えること。

 

実施の時期に、OIE規約に沿って、角芽が頭蓋骨に付着する前の適切な月齢で実施されるものとすることを追記。

 

OIE規約に沿って、麻酔及び無痛法の使用は、摘芽を実施する場合には、強く推奨されており、除角する場合には、常に使用されるものとすることを加えること。麻酔についての記述が抜けているのは是正すべき。



「 薬品(ペースト)」に、 「薬品(ペースト)も牛に苦痛を与えることを認識しておく」ことを加えること。

 

9, 繁殖 

「牛への過剰なストレスを防止するとともに、可能な限り苦痛を生じさせないよう」の可能な限り苦痛を生じさせない方法が不明確。追記するべき。

 

10, 分娩 

「新生子牛は低体温症になりやすいので、分娩区画の温度管理や換気は、新生子牛 に合わせて行う。」に、OIE規約に沿って、やわらかくて乾燥した敷料及び補助的な加熱が、低温ストレスの予防に役立つ場合があることを加えること。

 

12, 疾病、事故等の措置 

「歩行困難な牛であっても、常時飲水できるようにするとともに、少なくとも1日 1回は飼料を給与する。」に、OIE規約に沿って、必要に応じて搾乳されるものとする。それらに対しては、日陰が施され、肉食獣から保護されるものとすることを加えること。

 

15, 牛群構成及び社会的環境 

「闘争行動等が増加するリスク」の原因として、OIE規約に沿って、高い飼養密度、不十分な餌場のスペース、不十分な水へのアクセスがあることを加えること。

 

OIE規約に沿って、適切な囲い込みによって、牛の不適切な混合によって生じる可能性のある動物福祉の問題を最小限に抑えるものとすることを加えること。

 

「その際、相互に耳、 乳首、外部生殖器、尾などを吸い合う行動を監視し、その発生防止措置を講ずる」に、OIE規約に沿って、おしゃぶり措置の提供を加えること。

 

16,管理者等のアニマルウェルフェアへの理解の促進等

経営者、従業員、外部作業者が十分なアニマルウェルフェアの手技や指針の内容の習得についてトレーニングを受けることとともに、理解が不足している場合には現場に関わらせないことを加えること。

 

3 牛舎

1, 飼養方式 

 

OIE規約に沿って、清潔な敷料の管理を加えること。具体的には、「床材、敷料、寝床の表面及び舎外の追い込み柵は、良好な衛生状態、快適性を確保し、疾病及び損傷のリスクを最小限に抑えるため、契約に定められたとおり、清掃されるものとする」「わら、砂、又はゴムマット、砕ゴム充填マットレス、ウォーターベッド等その他の敷料システムにおいては、当該敷料は、適切なもの(たとえば、衛生的で非毒性のもの)であって、清潔で、乾燥した、快適な横臥場所を牛に提供するように維持されるものとする」「わら、砂、おが 粉又はゴムマットなどの敷料は、衛生的で非毒性であるなど適切なものを使用し、適 切に追加・交換を行うことにより清潔で乾燥した快適な横臥場所を牛に提供し、その 状態を維持する」

 

ア 繋ぎ飼い方式 

搾乳牛の24時間常時繋ぎ飼いを廃止することを【将来実施が推奨される事項】に加えること。

「牛を繋ぐ場合は、最低限、横臥し、起立し、自然な姿勢を維持し、邪魔されることなく身繕いができるようにする」は、OIE規約に沿って、「牛を繋ぐ場合は、最低限、妨げられることなく、横臥し、起立し、自然な姿勢を維持し、身繕いができるようにする」とすること。身繕いのみが邪魔されることなくという形容詞にかかっているが、すべての行動が妨げられてはならない。

 

OIE規約に沿って、「家畜飼養管理者は、牛が繋がれている場合には、ウェルフェア上の問題のリスクが高まることを認識しておくものとする。」を加えること。

 

「繋ぎ飼い方式で飼われている牛は、アニマルウェルフェア上の問題を防止する ため、繋がれていない状態で運動が十分にできるようにする。」は、1日1回以上とする運動の頻度を加えること。

 

「カウトレーナーを使用する場合には、適切な方法で設置・使用する」は、OIE規約に沿って、適切な保守を加えること。またカウトレーナーを使用しなくてはならない飼養方法を廃止すること。

 

イ 放し飼い方式

放牧や放し飼いには屋外での放し飼いの意味が含まれ、意味が曖昧。牛舎内の放し飼いとすること。

 

3, 飼養空間

「1頭を収容できる必要最小面積の目安は、通常、必要面積(m2)=係数 a×体重(kg) 0.67で算出される」に、この数値が最低の面積であり、アニマルウェルフェアを確保するためにはより広い面積が必要であることを加えること。

 

「ほ育期にロープ等による繋留を行う場合は、容易に横になったり、立ち上がった り、身繕いができる長さを確保する。」は、OIE規約に沿って、個別に又は群飼房で育成されるかにかかわらず、各仔牛は、快適に回転し、休息し、起立し、毛繕いを行い、他の動物が目に入る十分な空間を有するものとする」に変更すること。

 

4 牛舎の環境

1, 熱環境

「牛の快適性は、温度だけでなく、湿度、日 射、風速、換気方法、泌乳能力等の影響も受けるため、牛をよく観察し、快適性を維 持することが重要である。」に、OIE規約に沿って、飼育密度、品種、月齢、体型、代謝率、など動物側の要因を加えること。

 

「牛にとって暑すぎる環境で、呼吸数の増加、食欲の減退、乳量・乳質の低下、繁殖 成績の低下等が観察される場合は」の対策に、OIE規約に沿って、飼育密度の緩和、追加の水の入手を加えること。

 

2, 換気 

OIE規約に沿って、空気の組成は、動物の密度、牛の体格、床、敷料、ふん尿の管理、畜舎設計及び換気システムに影響されることを加えること。

 

5 その他

3, 緊急時の対応 

豚のOIE規約に含まれる避難計画の詳細の内容「避難手順、高台の確認、不具合を検出する警報器、予備用発電機、主なサ ービス事業者の連絡先情報、農場の貯水能力、水運搬サービスの利用、適切な農場内飼 料保管及び代替飼料の供給、緊急備蓄飼料及び水の供給」を加えること。

 

(参考)乳用牛の測定指標

(参考)乳用牛の測定指標は、実施事情として重要であり、参考とすべきではなく、本文に組み込むべき。



1 Comment

  1. 悦子 佐藤 2022/06/09

    狭いスペース、何しろ牛乳は人間の飲み物じゃない

    返信

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE