LOADING

Type to search

食肉加工会社の株主総会会場前で、妊娠ストール廃止活動

食肉加工会社の、プリマハム、スターゼンの株主総会会場前で、株主の方に向けた啓発活動を行っています。

2013年、プリマハム、スターゼンに妊娠ストールの廃止を求める署名を提出しています。
両社とも畜産動物福祉への取り組みはあるものの、豚の妊娠ストールについては廃止に至っていない状況です。

妊娠ストールを廃止するためには、畜産動物福祉に価値を認める社会にする必要があります。
そのためには企業だけではなく、国の方針も変わらなければなりませんし、なにより消費者の意識が変わる必要があります。

そのため企業への発言力のある株主のみなさんに、妊娠ストールの実態を知ってもらい、問題意識をもってもらうために、総会会場前での活動を続けています。

パネルを見て、チラシを受け取り、「こんな飼育方法しているなんて知らなかった」と驚く株主の方が多く、総会の会場で妊娠ストールについて質問をした株主もいます。

プリマハム、スターゼンが妊娠ストール廃止へ向けて進むことができるよう、今後も啓発を続けていきます。

2017年6月29日


2016年6月29日


Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE