LOADING

Type to search

日経新聞も報じたヤバイ実態。国産鶏肉の69%からESBL薬剤耐性菌検出。

国内の鶏肉の69%から基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生菌という、多くの抗生物質が効かない菌が検出されています。
このような強い菌による死亡者数は、2050年にはガンの死亡者数を上回るのです。
動物を不自然な状態で飼育し続けてきたツケ。
畜産物の大幅な削減、そしてアニマルウェルフェアに配慮した飼育への転換は、急務です。

薬剤耐性菌は環境中や院内感染などにより広がるため、たとえあなたがヴィーガンでも逃れられません。
個人が食べない選択をしたとしても、動物を救わない限り、終わりではありません。

薬剤耐性菌の検出の高さについて
http://www.hopeforanimals.org/environment/amr-livestock/

抗生物質と薬剤耐性菌と畜産の関係を知る
http://www.hopeforanimals.org/animal-welfare/486/

鶏を犠牲にしないライフスタイルは
http://www.hachidory.com

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE