鶏の屠殺方法の改善を。

2017/03/19

現在日本での鶏の屠殺方法(食鳥処理)は、コンテナに詰め込まれてきた鶏(卵用であっても、肉用であっても)をシャックルに足をひっかけて逆さ吊りにし、良ければ電流の流れる水槽(電気水槽式スタナー)に頭を浸けられて意識を失わせ、悪ければなにもせずに意識のあるまま、首(頸動脈)を切り、失血死させたのち、熱湯につけられる。意識を失っている方が放血が早いため首を切った後に電流を流すという苦痛をより高める方法すらある。

欧米ですすむ改善と日本ですすまない改善

欧米では少なくともこの電気水槽式スタナーの使用が概ね行われており、さらに現在Controlled Atmosphere Killing(CAK)またはControlled Atmosphere Stunning(CAS)などのアルゴンや窒素を含んだ不活性ガス混合物を使用する方法がより人道的であるとして広まっている。さらに、最も異なる点としては、CAKやCASにとどまらないより人道的な方法の研究を行うべきという意識があり、さらには人道的な屠殺の方法や現在の屠殺の方法の問題点についての研究や議論が活発に行われている。これは豚や牛などでも同様で、より改善を重ねようという研究が行われ続けている。
屠殺という作業は肉や卵や牛乳を作る産業と商品には必須であるにも関わらず、偏見や差別が前に出てしまい、タブー視され行われてきていないことが、日本の最も大きな問題である。動物福祉に配慮されるということは、それは動物にとっての苦痛を減らすだけでなく、人権にも配慮するということであり、不当な偏見や差別がある日本でこそより一層進められるべき分野であるはずだろう。
このように議論すらされない日本では、やはり例によって動物福祉の改善が大幅に遅れている。

ガスによると殺とは?

①アルゴンおよび/または窒素を含む不活性ガス混合物(酸素の欠乏によってそれらを殺すので無酸素と呼ばれる)や、②アルゴンと30%までの二酸化炭素を含む無酸素混合物、③酸素、窒素および40%までの二酸化炭素を含むガス混合物に、コンテナ内の空気が入れ替わることで、鶏を酸素欠乏や無酸素症で死亡させる。その後意識のない状態でコンテナから出されて足を引っ掛けられ首を切られ放血させる。

二酸化炭素を含む混合ガスの場合は、鶏に呼吸ストレスを引き起こす可能性があり、福祉的な方法は、①の無酸素混合物(Anoxic mixtures)のほうであると考えられる。アルゴンや窒素などの不活性ガスを鶏はほとんど検知することはなく、意識を失う。
ただしこれも完璧ではなく、鶏が倒れ込んだ後も羽を羽ばたかせる行動が続き、その際に羽根を骨折させてしまうことがあるが、このときすでに意識がないとする専門家と、意識がある可能性があるとする専門家の両論がある。

40%までの高レベルの二酸化炭素による方法や、二酸化炭素を低レベルから高レベルに切り替える二酸化炭素の二相性システムによる屠殺方法もあるが、この場合も呼吸ストレスが懸念されている。しかしこの方法のほうが羽の破損は少ないと言う。

これらの方法は、意識を失わせる際の痛みが従来の方法よりも少ないだけでなく、意識のある状態で懸鳥作業が行われないことは動物福祉上大きな違いがある。

電気水槽式スタナーの問題点

まず、現在の日本の一般的な方式である逆さ吊りにしたあとに首を切る、という方法はまったく動物福祉がなにも考えられておらず、論外である。当然のことながらEUでは屠殺前に意識を失わせることが規定されている(一部ハラル用の肉を除く)。

しかし世界的に一般的な電気水槽式スタナーにも多大な問題点があり、CAKやCASへの切り替えが望まれている。
その問題点とは、
1:意識のあるまま懸鳥され逆さ吊りにされる

  • 生きている鶏を輸送用コンテナから出したり懸鳥するさいに、鳥を投げたり落としたり叩きつけたりする虐待が発生している
  • 下の動画にもあるように足が破損することもある
  • 金属製のシャックルに足を引っ掛けられる事自体に苦痛がある
  • 鳥には横隔膜がないので、逆さまの鳥の内臓の重さが呼吸が制限され苦しむ
  • OIEコードなどでは「骨折又は脱臼した鳥は、加工のためのシャックルに掛けられる前に、苦痛を与えることなく殺処分されること」とされているが、現在の日本で到着した鶏の骨折や脱臼のチェックはなされていない


2:意識を失わせることができないケースがある

  • 複数の鶏が水につけられることにより、個々に電流を受ける強さが異なるという。そのためすべての鳥が死ぬまで意識を失い続けるために十分な電流を受けるとは限らない
  • パニックで翼をばたつかせている場合、頭を水につける前に羽などを通し感電させられ、無用な痛みが発生する可能性がある
  • 鳥が、逃れようと頭をもたげているときに水槽を通過すると、感電させないままに首を着られたり、熱湯につけられたりすることがある。
     

この割合は4%であり、100羽のうち4羽が適正に失神できていないという
※EFSA, 2012. Scientific Opinion on the electrical requirements for waterbath stunning


すでに英国の七面鳥の75%、鶏の25%、欧州連合のすべての鳥の10%がCAKに移行していると言う。
電気水槽式スタニングすら行われていないことの多い日本、つぎに設備投資をするのであれば、この問題がすでに指摘されている電気水槽式スタナーではなく、CAKまたはCASシステムの導入が行われるべきだ。

そして、まずは失神処理が行われていない割合や方法、と畜場到着時の骨折や脱臼や衰弱や脂肪の数の把握と報告など、実態が把握され、この議論が日本社会できちんと始まるべきであろう。



201703190956_1.jpg

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube