子牛-ヴィール

仔牛肉 ヴィールの生産方法

1970/01/01

img_4.jpg仔牛肉(ヴィール)とは

仔牛は毎日生産される牛乳の副産物です。牛乳を搾り取るために妊娠させられ出産させられた牛からは、当然ですがメスとオスの牛が誕生します。そのうちのメスは、また牛乳を搾り取るために飼育されます。オスは、牛肉、または仔牛肉として殺されます。

扱い

生まれて間もないうちに、母親から引き離されます。お乳を飲むことはありません。トラックで運ばれ、アメリカの場合まずオークションにかけられ値をつけられます。(映像をご覧ください)この生まれて間もないか弱い赤ん坊は殴られ、蹴られ、歩けなくなると脚や耳をつかまれ引きずられます。

そして、仔牛たちは60cmの檻に監禁され、首に鎖をつながれ歩き回ることや体を伸ばしたりすること、横になってゆっくりすることも出来なくなります。

この厳しい監禁により動物の筋肉は発達しなくなるので仔牛肉は「やわらかく」なるからです。特に日本人は白い肉を好みますが、白ければ白いほど、その動物は動くことができなかったということです。

健康

img_2.jpg檻の中で監禁された牛は「慢性ストレス」に悩まされ、広々とした場所で過ごしている牛の約5倍の薬を必要としているという科学調査が公表されています。肉になるため育てられている仔牛のほとんどが人間の健康を脅かすとされている薬を投与されているのです。
また、研究によって檻の中で育てられている仔牛はフラストレーションから反抗的な態度をとることが分かっています。噛み付くといった典型的なものの他に頭突きをする、頭を振る、蹴る、といった行為も含まれている。檻で育てられた牛はまた、脚や関節に不調を感じ、歩けなくなってしまいます。

動物の動きを制限することに加えて、仔牛生産者は食物の制限までしています。仔牛は鉄分と繊維が不足しているミルクの代用品を与えられています。「美食家」と名乗る人たちに熱望されている貧血すれすれの青白い肉を作るためです。生後約6週間のか弱い動物たちは「白い」仔牛として食肉処理され、市場に出荷されます。(「品種改良」「母乳育ち」「特別飼育」「完璧な環境で育てられた牛」としても知られている)しかも小さな木の檻で育てられた高級な仔牛は生まれて数時間、もしくは数日で食肉処理をされていることもあり得るのだ。そして多くの仔牛たちは食肉処理場に着く前に死んでしまうのです。

 

仔牛はもう二度と食べないでください。仔牛肉は生まれたばかりの赤ん坊の肉です。mainimg.jpgimg_3.jpg
img_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube