フォアグラ

世界中が禁止論争の渦の中。それほどまでに残虐な食べ物=フォアグラ

2015/06/15

201506151628_1-400x0.jpgフォアグラを禁止するか否かについて、世界中が議論の渦の中にある。
2015年、サンパウロ市で禁止が決定され、ベルギー議会で禁止、カリフォルニアでは抗争中、EUでは議会でつい先日まで議論が続いていた。

カリフォルニア

すでにフォアグラの生産と販売(レストランでの提供を含む)が禁止されていたカリフォルニア州、2015年1月にレストランが憲法に違反しているとして裁判を起こし禁止が違憲であるとされてしまった。動物福祉を重視した住民の思いや倫理的な決定が、レストラン側の商売に負けてしまった格好だった。
当然、動物を守りたいと考える人達により、控訴されている。
2015年6月11日、カリフォルニア州の最高裁判所は、フォアグラを提供したとして起訴されていたthe Napa restaurant La Toque(カリフォルニア州のフレンチレストラン)によるフォアグラ販売禁止法を出し抜く試みを退けた。La Toqueレストランは、「ただ単にいわゆる珍味を提供しただけ」だから、起訴は回避されるべきだと主張したが、却下された。
1月に違憲とされたが、今回は禁止法を重視する判決となり、今後違憲とされた裁判も覆される可能性は非常に高い。

201506151628_2-400x0.jpgEU議会

EU議会では36議員の要請に応じて、EUにおけるフォアグラの販売禁止案が議会に提出され、議論が続いていた。
残念ながら、32万人の署名(フランスだけでも8万人)があったにも関わらず、法案は通らなかった。
しかし、以前関心は高く、今後も同様の議論がなされていくであろう。フランスの動物権利団体L214は「倫理基準に適していないので、近い将来、フォアグラは消えていくだろう」と自信を見せている。

※EUで正式に認定されておりフォアグラが残酷であることを証明したEU科学委員会によるフォアグラについてのレポート

フォアグラ

このように、世界中がフォアグラを禁止する方向に動いている。それだけ、残酷なのだ。生産を禁止をしている国も数多くある。故意に動物を苦しめて作るため、多くの国で動物福祉法に定植するため、当然のことだ。この故意に動物を虐待した上で、畜産物を得るフォアグラは、国として、企業として、消費者として、倫理的観点から肯定することは出来ないはずなのだ。

201506151628_3-400x0.jpg

フォアグラの生産方法

  • 雛の時にオスのカモを選別しメスはその場で殺す
  • 育ったところで強制給餌(ガバージュ)が開始される
  • 30cm~40cmの鉄パイプを、鳥ののどに無理やり突っ込み、とうもろこしと油の混合されたエサを位に直接押しこむ。
  • 鳥達は強制給餌をする畜産農家がやってきて手を伸ばすと必死で逃げ回る。
  • 一日3~4回、2~3週間、続けられる。
  • 鳥の肝臓は、通常の10倍に膨れ上がる。
  • 嘴や喉が傷付き炎症を起こして死亡したり、高熱に苦しんだり、肝臓が肺を押し上げ呼吸困難に陥ったり、嘔吐、下痢、歩行困難、首の障害に苦しめられる。
    『フォアグラは、脂肪肝に苦しむ鳥の病的な肝臓である。』(欧州委員会 科学レポート(1998年12月16日付))


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube