フォアグラ

フランス人の44%が、フォアグラの強制給餌の禁止を支持!

1970/01/01

「フォアグラの生産に、アヒルやガチョウに強制給餌を行うことを禁止することに賛成ですか?」
これは、2009年にフランスで行われたアンケート調査です。
全体では約44%が賛成だったが、女性や若者の数字を見ると、半数を超えているひとが、強制給餌を禁止してほしいと考えていることがわかります。
フランスは動物の倫理よりも美食や独自の文化を重視するような印象があるが、この数字を見るかぎり、多くの人が欲求よりも倫理を大切にしたいと考えていることがわかります。
さらに、今後はその風潮が大きくなるであろうことも容易に予測されます。

全体

賛成:43.9%
反対:47.3%

女性

賛成:50.9%
反対:39.7%

35歳未満

50.5%
40.8%


調査概要:

CSA
2009年11月10日
電話での聴きとり調査による
1000人を対象にしており、内訳は、18歳以上のフランスの人口比に合わせた構成で行われた

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube