フォアグラ

鴨・ガチョウの健康状態

2015/05/28

フォアグラにされる鳥の肝臓機能は激しく低下する。

医学的には、その肝臓は、もはや本来の機能をなさず、肝リピドーシスか肝臓の脂肪変性と呼ばれる機能不全の状態にある。

鳥獣医博士のLaurie Siperstein Cookは以下のように説明する。
「血流から毒素を一掃するために、肝臓がある。もし肝臓が適切に働かないと、血液を通してすべての毒素が全身に流れ、さまざまな箇所が悪化する。脳と同様に様々な器官に害を及ぼす器官なのだ。」

L'Ecole Nationale Veterinaire de Toulouse のCastes博士はさらに「肝性脳症」としてこの現象を記述している:

フォアグラ

The European Commission's Scientific Committeeによると、Animal Health and Animal Welfare (SCAHAW)は、鴨とガチョウのフォアグラ産業の福祉の見地に関して以下のように報告している。
「形態学、生化学、組織学、薬理学の観点から示されるように、肝臓の機能を人工的に害する強制給餌によって肝臓の脂肪症作られている。
肝臓における変化が病理学的であることを意味する強制給餌の脂肪変性の可逆性は、多くの鳥を上回って報告された。
正常な肝臓機能は、強制給餌が終わるときに怒る肝臓の肥大化では、致命的に損なわれている。脂肪変性は病理学的であると考えられるべきである。」

驚くことではないが、フォアグラ畜産場の死亡率は、従来の因習的なアヒル畜産場の死亡率より何倍も高く、20倍にも上る場合もある。
金属の給餌パイプが彼らの首を傷つけたり、肝不全に関係した慢性の病気であったり、または強制給餌のとき、窒息するまで詰め込みすぎることなどにより、死亡している。

フォアグラ用の鳥の検死結果では、膨大に肥大した肝臓、引き裂かれた器官、食道炎、肺炎、喉と食道に残った未消化のコーン、口内のバクテリアと菌の増殖、趾瘤症からただれた足で苦しんでいたことが露見した。
すべて、獣医学的ケアは効かないであろう生産方法の結果である。

2005年12月の検死レポートでは以下のように述べられている。

最終的に強制給餌は、すでに肺炎と肝臓が気嚢に圧力をかけることによる窮屈な呼吸状態と肝臓痛状態にあり、苦しんでいた鴨の激しい呼吸困難を引き起こした。
このことがアヒルを殺したのだ。

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube