豚-ぶた

妊娠ストールと分娩ストール

2015/09/01

妊娠ストールの廃止を求める署名を立ち上げました。
https://goo.gl/g86LYw

2013年に集めた署名に続く、2回目の署名となります。
前回の署名は食肉加工会社大手5社を対象としたものでしたが、今回の署名は5社にとどまらず、豚肉を扱うすべての企業・スーパー、そして国や自治体の畜産政策を司る機関を対象としています。
ご賛同・周知にご協力お願いします。

豚の妊娠ストールとは?
母豚は一生のほとんどの時間を「ストール」に閉じ込められて、一頭一頭が別々に過ごす。ここでは方向転換すらできない。日本における使用率は88.6%だ。(*1)
アニマルウェルフェアの考え方に対応した 豚の飼養管理指針では、広さが60cm(幅)180㎝(奥行き)以上を推奨されているが、この「推奨され」ている面積は、豚の大きさそのものであり、豚たちは座る・寝る・立つ以外はできず、体をひねったり転回することはできない。寝ることはできるが、本来豚がやるように、自然な形で体を横たえることはできない。
 

 

妊娠ストールに反対する理由
妊娠ストールにいれられている豚たちは、跛行、足の怪我、切り傷や褥瘡に苦しむだけでなく、運動不足による筋肉や骨の弱体化に苦しんでいる。実際、運動不足のため、起立不能になることは非常に多く、そのたびに治療されるのではなく、淘汰=殺される。さらに、身動きが取れないということは通常の集団飼育時には見られる社会的行動も抑制され、さらに仲間に触れ合うこともできない。豚は本、犬と同等またはそれ以上に来好奇心旺盛で知的で社交性のある動物であり、そして社会的な動物である。彼らのストレスは相当なものであることは、容易に想像がつくはずだ。


妊娠ストールという集団飼育をされているメスの豚たちは、人が近づいても、静かに、だが興味深々な目をして人によってくる。しかし、ストールに閉じ込められて飼育されている豚舎に人が近づくと、豚たちは一斉に「キーキー」とおびえたようになく。少しの刺激でも驚くのだ。しかし振り向いて後ろを確認したくても、方向転換できないストールの中ではそれすらできない。効率と利益を重視し、その結果、動物の福祉が無視されているもの、それが妊娠ストールだ。

妊娠ストールから群れ飼育への移行-群れ飼育にすると闘争が発生する?
個別のストール飼育を止めて、母豚の群れ飼育に切り替えた場合闘争が起こるとよく言われる。「だから群れ飼育に切り替えることはできない」と。しかしそれは言い訳だ。豚本来の習性を満たすことができる環境を用意すれば闘争を防ぐことは可能だ。たとえば藁を用意すること。藁を用意することで豚の本能に強く動機づけられているルーティング(鼻堀り)の欲求を満たすことができる。
マットを敷くというのも一つの手だ。豚はコンクリート床よりもマットの上を好むということが研究*が報告されており、また快適なマットの上で横たわる時間が増え、そのことが互いの干渉を減らしケガの割合が減ったという研究**もある。
繊維質の食べ物を多く与えるというのも重要だ。そもそも母豚は「食べ過ぎ」を防ぐために給餌制限されている。食べ過ぎると出産に差しさわりが出るからだ。しかしたくさん食べてたくさん太るよう品種改変されてきた豚にとって思うようにたくさん食べられないのは相当のストレスになっている。繊維質の食べ物を豊富に与えることで豚の満腹感を満たしストレス行動である偽租借を減らし横たわる時間が増えたという研究***は多い。
豚を群れにする時期も重要だ。繁殖の危険時期は妊娠2~3週のあいだであり、この時期よりも前に群れをつくることが推奨される。妊娠前あるいは着床前後に豚同士を混ぜ合わせても豚の生殖能力を害することはないと言われている****。一方妊娠後期にほかの豚と群れにされた母豚へは悪影響を与える。分娩時に落ち着きがなくなったり産まれてきた子豚に噛みつきの傾向がでたりする*****。
群れ飼育を始めるときにはいきなり一緒のスペースに放り込むのではなく段階を踏むことも大事だ。例えばまず柵越しにお互いを接触させるなども有効だ。群れにしたときにおこる闘争は一時的なものである。この一時的な闘争の対応として豚に十分なスペースと、餌が奪われることを防ぎ逃げ場にもなる囲いを与えることも必要だ******。
また、攻撃性には遺伝も関係するため,攻撃性の少ない種を選択的繁殖することも有効と言われている*******。

*"Applied Animal Behaviour Science"Volume 114, Issues 1–2, November 2008, Pages 76-85 Applied Animal Behaviour Science[Synthetic lying mats may improve lying comfort of gestating sows Author links open overlay panelFrank André MauriceTuyttens]
**"Applied Animal Behaviour Science"Volume 123, Issues 1–2, February 2010, Pages 7-15 Applied Animal Behaviour Science[A flooring comparison: The impact of rubber mats on the health, behavior, and welfare of group-housed sows at breeding Author links open overlay panelMonica R.P.Elmore]
***"Applied Animal Behaviour Science"Volume 107, Issues 1–2, October 2007, Pages 45-57 Applied Animal Behaviour Science[Influence of access to grass silage on the welfare of sows introduced to a large dynamic group Author links open overlay panelNiamh ElizabethO’Connell]
"The effect of increasing dietary fibre and the provision of straw racks on the welfare of sows housed in small static groups CL Stewart" LA Boyle§ and NE O’Connell
****"Applied Animal Behaviour Science"Volume 130, Issues 1–2, February 2011, Pages 20-27 Applied [Animal Behaviour Science Dry sows in dynamic groups: An investigation of social behaviour when introducing new sows]Author links open overlay panelVerenaKrauss
*****Biol Lett. 2009 Aug 23; 5(4): 452–454. Published online 2009 May 1. doi:  10.1098/rsbl.2009.0175
PMCID: PMC2781921 Pre-natal stress amplifies the immediate behavioural responses to acute pain in piglets
******"Livestock Science Volume 125, Issue 1, October 2009, Pages 1-14 [Livestock Science Review article
Group housing of sows in early pregnancy: A review of success and risk factors Author links open overlay panel]H.A.M.Spoolder
*******J Anim Sci. 2009 Oct;87(10):3076-82. doi: 10.2527/jas.2008-1558. Epub 2009 Jul 2.Genetic validation of postmixing skin injuries in pigs as an indicator of aggressiveness and the relationship with injuries under more stable social conditions.Turner SP



海外の状況
海外ではヨーロッパをはじめ多くの国や州が、この妊娠ストールを禁止している。
詳細はこちらを参照いただきたい。
http://www.hopeforanimals.org/animals/buta/00/id=271

日本の状況
一方日本は、アニマルウェルフェアに関する法律は何もない。関係する基準は、産業動物の飼養及び保管に関する基準であるが、「虐待防止に努めること」という程度しか書かれていない。
さらに、「アニマルウェルフェアの考え方に対応した豚の飼育管理指針」が2011年3月に作られたが、これも指針であり規制ではなく、さらにはその中に書かれているのは日本の平均的な状況でしかなく、豚の飼育方法をなんら規制するものではない。もちろん妊娠ストールも禁止されてはいない。

豚の妊娠ストールの廃止を目指す
日本には現在9,530,000頭の豚がいる。そのうち繁殖用に飼育されているメスの豚は885,000頭。このうちの88.6%が妊娠ストールに閉じ込められている。(*2)
メスの豚たちはこの妊娠ストールの中で、目の前の柵をかじり続ける、口に物が入っていないのに口を動かし続ける、水を飲み続けるなどの異常行動を起こすことが知られている。

この動画は2016年に日本で撮影されたものだ。


豚をこの監獄から解放するために必要なのは、消費者の意識改革だ。消費者がアニマルウェルフェアに配慮されていない肉にはお金を払わない、という状況を、私たちは作り上げなくてはならない。
すでに欧米の例で、妊娠ストールを廃止しても経営的にも技術的にも成り立つということは証明されているのだ。
世論ができれば、妊娠ストール廃止は目前だ。


これは、肉の消費を減らす本来のアニマルライツセンターの役割と違うように感じるかもしれないが、そうではない。動物を尊重でき、動物の多様性を認められる環境にならなければ、多くの人は、豚に感情があり、個性があり、痛みを感じ、仲間と触れ合いたいと思い、穴を掘ったり水を浴びたり、母親と一緒に居たいと思ったり、仲間を大切に思ったりすることに、気がつかないだろう。
動物福祉の先に、動物の尊厳と権利を尊重できる社会の実現があると私たちは考えている。

2013年撮影 日本の妊娠ストール


*1 2014年畜産技術今日j会「飼養実態アンケート調査報告書」 http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html
*2 2014年農林水産省統計


巣作り

今から分娩するという時に、本来ならば母豚は「巣作り」をする。屋外で飼育されている豚は、分娩のすぐ前に枝や草を使って精巧な巣を作る。巣作りをして安全な場所に子供を産みたいという強い欲求があるからだ。しかしストールに拘束された母豚たちには、その欲求をかなえることができない。

ストールで拘束飼育されている豚も分娩前には非常に活動的になり巣作りやルーティング(鼻で地面を掘る行動)のような巣作り動作に何時間も費やす。そのような行動により顔に擦り傷を作ったりすることもあるくらいだ。しかし巣を作る材料も何もないストールの中で、彼女たちがいかに巣作りに励んでも、巣が完成することは決してない。
 
ある記事に、ストールに入れられていた母豚が逃げ出してしまったことが書かれていた。その母豚は養豚場の事務所に入り込み、その中で机をひっくり返し紙で巣を作り、そこで子豚を産んだそうだ。
 
子供を安全な場所で産みたいというのはすべての生き物に共通する強い思いだ。そのような強い欲求をかなえることができないのが、豚のストール飼育だ。

 

分娩ストールとは?

「妊娠ストールを廃止してほしい」と企業への要望に対してよくある回答は「母豚が子豚を踏みつぶさないために必要なんだ」というものだ。しかしこれは誤りだ。妊娠ストールは妊娠期間中に母豚が収容されている檻のことであって、「母豚が子豚を踏みつぶさないため」の檻のことは“分娩ストール”と言われている。母豚はこの“妊娠ストール”と“分娩ストール”を行ったり来たりして一生のほとんどの時間を過ごしている。
分娩ストールも残酷だ。分娩前後から哺乳のの21日間、母豚は分娩豚房(分娩ストール)に移動される。そこは分娩柵が取り付けられた母豚のスペースと、子豚たちのスペースに分けられている。母豚のスペースは妊娠ストールと変わらない。相変わらず方向転換ができず体を横たえるだけの最小限のスペースしかない。
この分娩柵は、自分の子供を踏みつぶすことを防止するためにつけられていると言われているが、そもそも音や匂いで子供の場所を把握する豚にとって、現代の工場畜産では、畜舎にたくさんの豚が詰め込まれている状態のため、その感覚が混乱してしまう。そのため踏みつぶすという事故が起こるのだ。一生のほとんどを拘束されているというストレス状況も、母豚の本来持つ子豚への配慮を狂わせてしまってもいる。
この分娩ストールも廃止すべきもので、すでに妊娠ストールが禁止となった諸外国では、この分娩ストールも廃止しようという運動が始まっている。しかし日本では妊娠ストールすら、廃止はまだほど遠い状況だ。

諸外国の規制
ノルウェーとスウェーデン、スイスではすでに分娩ストールは禁止されています。別のヨーロッパ諸国、特にオランダやデンマークでは分娩から離乳までの期間の母豚のフリーの飼育システムの開発と販売がおこなわれています。オーストラリアでも関心がもたれており、アメリカでも議論が行われています*。
*Opinion on Free Farrowing Systems October 2015 Farm Animal Welfare Committee,Area 4B, Nobel House,
17 Smith Square,London, SW1P 3JR.



以下の動画は二本とも2017年日本の分娩ストールです



 
下の動画では、分娩中に酸素不足で窒息死したのか、分娩後に死亡したのかわかりませんが子豚すべて死んでいます。
もし仮死状態で産まれたのならば管理者が羊膜を取り除き呼吸補助をしてやる必要がありますし、お産に時間がかかると低酸素で豚が死んでしまうこともあるので、母豚の下腹部をマッサージしたり、詰まっている子豚を引き出してやったり、場合によっては医療処置も必要です。
しかし母豚も子豚もなんの処置もされない状況で放置されています。母豚は子宮口に死んだ子豚を詰まらせた状態のままです。
 
この動画のような分娩ストール(方向転換できない狭い檻)に母豚を閉じ込めることで「母豚が子豚を圧死させる危険が減った」として、現代では無看護分娩が主流になっていますが、狭い檻に閉じ込め選択の自由を奪った豚に対する責任は、100%人間にあります。
 
現代の工場型畜産で妊娠ストールと分娩ストールを行ったり来たりでほとんど運動もできない状態で四肢も弱り、豚としての行動欲求も満たせません。母豚が強い欲求として持っている出産前の巣づくりもできません。このような状態は異常分娩の要因となります。
 
産子数が多い豚ほど好んで使用されますが、産子数が多いほど死産が多いとも言われています。しかし家畜改良増殖法に基づく「家畜改良増殖目標」は産子数をもっと増やすという目標を設定しています。
 
もともと豚の祖先のイノシシの産子数は4~5頭。現在の豚の産子平均(日本)は11頭。
家畜化は動物に負担を強いて苦しめます。






 


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube