LOADING

Type to search

シャックリング(懸鳥)の苦痛-鶏の屠殺

日本も批准しているOIEの屠殺の動物福祉基準では懸鳥と屠殺の間の時間は1分を超えるべきではないとされています。
なぜなら逆さに吊るされるというのは鶏にとってアブノーマルな状況であり、苦痛とストレスを与えるからです*1
シャックリング作業は鶏にとって不利益なだけではなく、作業者にも負担となり、肉質へも悪影響を与えます*2

そのため屠殺工程で「吊るす」という行為を省いた、より人道的な方法が欧米を中心に広がりつつあります。(詳しくはコチラ

しかし日本では畜産動物の屠殺方法についての議論すら立ち上がっていない状況です。
シャックリングどころか、ガスや電気での気絶処理すらされずに意識のあるままいきなり首を切られるというEUでは許されない行為も日本では合法です。この動画の鶏たちも、このあと気絶処理されずに首を切られます。

国政へご意見を

食用利用で、日本で一日平均200万羽殺されていく鶏たちのために、最低限の法規制・ガイドラインを整備してほしいと、ぜひ国に意見を届けてください。

OIEの屠殺の動物福祉基準を翻訳し正式に公開してほしいと、農林水産省に意見を届けてください。屠殺の動物福祉基準が作られたのは2005年ですが、いまだに国内で周知されず、翻訳すらされていない状況です)
→農林水産省 意見先はコチラ 

屠殺を所管する厚生労働省に、屠殺場での動物福祉に取り組むよう意見を届けてください。
→厚生労働省 意見先はコチラ

*1 Stress in Broilers Resulting from Shackling-Poult Sci (2007) 86 (6): 1065-1069.
*2  Effect of Preslaughter Shackling on Stress, Meat Quality Traits, and Glycolytic Potential in Broilers
E. Dereli Fidan1∗, M. K. Türkyılmaz1 , A. Nazlıgül1 , S. Ünübol Aypak2 , and S. Karaarslan1

Tags:

You Might also Like

1 Comment

  1. 2018/02/16

    他国に改善できて日本に出来ないはずはない。しっかりしろ。

    返信

Leave a Comment Cancel Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE