ベジタリアンヴィーガン

IKEAさん、日本のIKEAでもVEGANミートボールをメニューに加えてください。

2015/06/24

201506241936_1-400x0.jpgIKEAでは、本社のあるスウェーデンを始めとしたUK、スイス、ベルギー、チェコスロバキア、ドイツ、スペイン等のヨーロッパ諸国や、アメリカ合衆国やカナダで2015年4月1日から導入されたヴィーガンのミートボール「Veggy ball」、残念ながら、日本では導入されませんでした。
海外からは、Veggie balls導入の喜びの声が多数聞かれ、日本でも食べられると期待したものの、先日問い合わせをしたところ、「現在はお取り扱いがなく、また、今後の導入時期につきましても現時点では未定となったおります。」との回答でした。
海外は日本よりもベジタリアンやヴィーガンが多いというイメージが有りますが、実際には日本でもベジタリアンは4.7%、そのうちの2.7%はヴィーガン※であることが、2014年12月の調査でわかっています。この数字はVeggie ballsが導入されているアメリカ合衆国とほぼ同数です。

サステナブルで健康的な食事を取り入れたと報道されており、それは日本でも行う意義のあること。そしてわたしたちヴィーガンの生活をする2.7%の日本人にとって、IKEAレストランで食事を楽しめるというのはとてもうれしいこと。

アニマルライツセンターでは、イケア・ジャパンに下記の要望書を送りました。
ぜひ皆様からもイケア・ジャパンにVeggie ballsを食べたい、メニューに加えてほしいと意見を届けましょう。

※2014年12月 一般調査会社のWEBモニターを使った調査 パネル数1188名 アニマルライツセンター調査

※写真 PETA

要望先

IKEA カスタマーサポートセンター
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer_service/contact_us/contact_form.html
0570-01-3900
[電話の受け付け時間]
平日: 9:30~18:00
土・日・祝 : 9:00~18:00

要望書

イケア・ジャパン 株式会社
代表取締役社長 ピーター・リスト 殿

Veggie ballsメニューの導入を求める要望書


私達は、動物の犠牲をなくし、環境負荷も少なく、また健康的なヴィーガンライフスタイルを推進しています。

2014年12月にアニマルライツセンターで行った一般調査会社のモニターを使ったWEB調査によると、日本人のベジタリアン率は4.7%、その内乳製品や卵も摂らないヴィーガンは2.7%いることがわかりました。その他、2013年に行われたラッシュジャパン株式会社の調査でも4.9%の人がベジタリアンであると答えていることから、4.7~4.9%の日本人が肉食をしないことは間違いがありません。

 動物性の食品を摂らないメリットとしては、動物への配慮が可能になること、また環境保護に大きく貢献できること、世界の食糧問題に貢献できること、そして人の健康にも良いことなど、多数挙げる事ができます。
 
貴社に於かれましては、すでに海外で持続可能で健康的な、Veggie ballsを開発、販売しておられます。そしてその取組みは、大変大きな話題になっており、社会から大変高く評価されていることが伺えます。
 
ぜひその取組みを日本にも広げていただけますよう、ここに要望いたします。

 
海外で導入している「Veggie balls」を日本でもメニューに加え、貴レストランで提供して下さい。

上記要望事項につきまして、7月6日までにご回答をくださいますよう、お願い申し上げます。
 
2015年6月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube
広告