LOADING

Type to search

夜中、屠殺場で豚に何が起きているのか

前日の昼から夕方にかけて、多くの豚が屠殺場に運ばれてくる。

運ばれてきたときにすでに息が荒く、口の周りに泡を吹いている状況も見られる。

そして糞尿がついた体を洗い流すためにシャワーがかけられる。冬であろうとお構いなく、かけられる。

日本の豚の屠殺場の86%が、飲水設備を設置していないため、その糞尿混じりのシャワーの水をコンクリートの床から舐め取った後は、もうなにも口にすることはできない。

そして迎える夜。何が起きているのか。

屠殺場に、夜中、深夜、明け方、いつ行っても聞こえてくる豚たちの悲鳴、叫び、闘争の声。壮絶だ。繰り返すが、いつ行っても聞こえる。

 

と畜場での残酷な行為を廃止してください

【署名サイト】
日本語版
https://goo.gl/vDHHcO
英語版
https://goo.gl/ky5o7D

保管場所が過密すぎると、以下の懸念がある。

  • 飲水設備があっても一部の豚が飲水できない
  • 1頭が飲水をするたびに他の豚にストレスが掛かる
  • 闘争が起きる
  • エンリッチメントができない
  • 横たわれない
  • 闘争や多動により、一層喉が渇く

闘争をへらすために必要なこと

密度を減らす

繋留所の一つの囲いの中は、満杯にしないことが必要である。豚の密度が囲いの最大3分の2以下であれば豚同士の闘争が減少する。

密度は囲いの2分の1であることが最善だといわれる。
長時間係留する場合は、全ての豚が横たわる面積とともに、その3分の1が空いている程度の密度を推奨する。

逃げ場を作る

異なる社会集団(群れ)が混在するときは、豚の逃げ場を作らなくてはならない。通路や分断された単独で利用できる囲いを用意する。弱い豚が脱出する方法を作ることは、係留場全体のストレスを軽減する。

ニオイをつける

イノシシのニオイを囲いに付けておいたり、外からイノシシのニオイがすると闘争が減少する。イノシシの汚れをスプレーするだけでよい。

また、オランダの小さめのと畜場では闘争を抑えるために豚の首の後にビネガーをスプレーしている。

音を減らす

豚は新しい又は突然の音に敏感だ。それでいて、豚は人々と同じ程度しか音の出処を特定できない。しかし、豚は人間には聞き取れない音(超音波)を聞くことができる。

そのため、豚を穏やかに保つためには、あらゆる種類の音を最小限にすることが重要だ。

金属の扉やフェンスの代わりにプラスチックを使用することは、プラスチックゲートが開閉時にほとんど音を出さないため、騒音を低減させる有効な方法である。

飲水設備を付ける

飲水がない状況は身体的に追い詰められるだけではなく、動物を精神的に追い詰める。生死に関わるからだ。動物は閉じ込められており、逃げることができない。そのうえ、水も餌もない。

そして乾きで苦しみ、不安と苛立ちが募っていく。すべての豚たちが常時、容易に、確実に飲水ができる状況を作る必要がある。

関心をそらす

係留所にコーンを撒くことで、より一層スムーズな移動を実現し、闘争を減少させられる。

新しく到着した豚は、新たな環境にポジティブな印象を持ち、より穏やかになるだろう。豚はコーンの粒を調査し、彼らの注意は床に集中する。これにより、新しい環境によって引き起こされた豚のストレスをおさえられ、探索行動に費やす時間が生まれ、戦う時間が短縮される。

コーンの他に、ロープ、木くずやワラも同じ効果がある。

 

動画の屠殺場に対しては、上記改善方法を提案し、改善を促しているが、改善は行われていない。

前日搬入をやめて

より簡単で、根本的な方法がある。出荷する農場側が、きちんと当日の朝に動物を運んでくればいいのだ。豚の屠殺場は、採卵鶏の屠殺場とは異なり、豚をものすごく遠くから運んでくることは多くはない。豚の屠殺場は各都道府県にすくなくとも一つはあり、長くても2~3時間で到着できる。欲を出して東京の中央市場に運ぼうという養豚農家もいるかも知れないが(東京で都築すると価格が高く売れると言われる)、その他の地域で屠殺することがほとんどだ。

国際基準を守ること、豚に無用な苦痛を与えないことなどの意識が多少でもあれば、輸送や係留の時間を短くすべきだという考えに至るのは当然のことだ。

それがなされていない。

屠殺場側は、持ってこられた動物を受け入れざるを得ないし、無慈悲にぎゅうぎゅう詰めにしているのは農場側(または専門の輸送業者)である。

殺される直前の最期の24時間に、どうか豚を苦しめないでください。

せめて、水を断ち切って苦しませないでください。

豚の屠殺場 夜間放置

国際基準をせめて守って

明日殺すからと言って、適切なケアをしないことは怠慢だ。
飲水できない、過密、横たわれない、騒音がする、過剰に熱い又は寒いなどは闘争の原因になる。

OIE動物福祉規約 第7.5章「動物のと殺」には以下の規定がある。

第7.5.3条

2. 収容所のデザイン

c) 安全を理由に拘束される場合(手に負えない雄牛など)を除き、動物は立ち上がり、横臥し、ペンに入れられる場合には、方向転換ができること。手に負えない動物は、福祉上の問題を避けるため、と殺場に到着後できるだけ早くと殺すること。収容所は、収容する予定の動物数に対し、十分な収容量を持っていること。飲水は、動物がいつでも摂取でき、その提供方法は、収容される動物に適切なものにすること。飼槽は、糞による汚染のリスクを最小限に抑え、動物に打撲や怪我のリスクがなく、動物の動きを妨げないようデザイン、設置されること。
d) 収容ペンは、可能な限り多くの動物が、起立し壁にもたれて横たわることができるようにデザインすること。飼槽が備えられる場合は、すべての動物が食べることができる十分な量と給餌スペースを設けること。飼槽は、動物の動きを妨げないこと。

 

第7.5.4条

収容所の動物は、次の勧告に従い保護管理すること。
1) もともとの動物の集団は、可能な限り一緒に飼育し、それぞれの動物には、立ち上がり、横臥し、方向転換するための十分なスペースを与えること。お互いに敵対関係にある動物たちは、引き離されるものとする。
5) 動物が遅滞なくと殺されるのでない限り、彼らの到着時と、収容所内では常時、適切な飲水を動物が摂取できるようにすること。
6) 待機時間を最短にし、12時間を超えないこと。動物が12時間以内にと殺されない場合は、到着時と、それぞれの種に適した間隔で、適当な飼料を動物が摂取できるようにすること。

国内法は?

現在の日本の動物愛護管理法は畜産動物についても含まれるものの、死法と化しているが、法遵守の精神があるのであれば、違反していると考えられる。

第四十四条 
2 愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。

産業動物の飼養及び保管に関する基準も同様だ。

第4 導入・輸送に当たっての配慮
1 管理者は、施設の立地、整備状況及び飼養能力を勘案し、産業動物を導入するように努めること。
3 産業動物の輸送に当たる者は、その輸送に当たっては、産業動物の衛生管理及び安全の保持に努めるとともに、産業動物による事故の防止に努めること。

 

と畜場での残酷な行為を廃止してください

【署名サイト】
日本語版
https://goo.gl/vDHHcO
英語版
https://goo.gl/ky5o7D

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE