鶏解放キャンペーンin渋谷

2017/01/09

201701092035_1.jpg

2017年1月7日、渋谷での活動第一回目は鶏解放キャンペーンでした。
2017年は酉年。12年前の酉年は鶏肉の消費量が例年より多かったそうです。卵もそうですが、鶏肉の消費量増加もそのまま鶏の苦しみへ直結します。

酉年の今年、食べることではなく、鶏という生き物に関心を持ってもらいたいと渋谷でキャンペーンを行いました。

皆さんはトリ肉にされるニワトリが、日本でどのように殺されているか知っていますか?
欧米では首を切る前に電気ショックで意識を失わせる方法が一般的ですが、日本のほとんどの屠殺場はそうではありません。
輸送用コンテナから出されたらすぐに両足をシャックルに引っ掛けられ、逆さ吊りにされます。もがき、体を起こそうとしますが、逃れることはできません。
そしてそのままナイフで首を切られます。
その後熱湯か高温スチームで茹でられますが、その時生きたまま茹でられるニワトリもいます。

鶏たちの苦しみを想像してください。
あなたの食べる鶏肉の量を減らしてください。
鶏肉をベジミートに変えてください。
あなたの食事の時の一回の選択が、鶏たちの命に関わっています。
動物のために私たちと一緒に行動を。

201701092035_2-500x0.jpg
 
渋谷で毎週キャンペーンを行っています。皆様のご参加をお待ちしています。
アニマルライツセンタースケジュール
http://www.arcj.org/action/00/id=680

 


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

カテゴリ毎記事一覧

飼育
アニマルウェルフェア
アクション・キャンペーン
ページ最上部へ