LOADING

Type to search

豚肉にされる豚たちの日本の状況

企業による伝統的な養豚場の工場化が進み、食用に育てられる豚たちは、感情を持つ動物としてというより、生命を持たない単なる生産の道具として扱われるようになりました。

日本で、毎年約1億頭弱の豚が飼育されそして殺され、食肉処理されます。
豚の飼養頭数は、年々徐々に増加しています。
一方で、飼養戸数(養豚業者)の数は7,200戸程度であり、その数は年々減少しています。

つまり、一戸あたりの飼育頭数が増加しているということ。それは大規模畜産場が増加しているということ。
実際、1戸当りの豚の飼育頭数は、平成11年は790頭であったのに対し、平成20年は1,347頭と、倍近くに増加している。

大規模で飼育していくためには、動物の飼育をいかに効率化するかということが課題となります。
人の目が行き届かなくなり、動物の飼育はより工場的になり、動物の福祉はうしなわれていくのです。

Tags:
Previous Article

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE