LOADING

Type to search

安心して卵を産める

動物行動学者コンラート・ローレンツ氏は次のように言っています。

動物のことを何がしか知っている人間にとって、鶏が無駄に覆いを得ようとして(隠れようとして)、何度も何度もケージ仲間の鶏の下にもぐりこもうとしているのを見ているのは、実に悲痛なものである。 こうした状況のもとで、雌鶏は間違いなくできるだけ長く卵を持っておこうとするだろう。ケージ仲間の混雑の中では卵を産みたくないという本能は、同じような状況で人ごみの中で排便したくないと思う文明人の気持ちと同じくらい強いはずだ。

鶏にはの中で卵を産みたいという強い欲求があります。 捕食者が産んだ卵を狙うからです。 また排卵時には総排出腔が赤くなり目立ちます。そこをほかの鶏がつつくことを避けるためにも安心して産卵できる巣が必要です。しかしケージの中には巣どころかワラ一本も用意されていません。

巣は鶏にとってとても重要なものです。

放牧飼育で巣を与えられている鶏にはそれぞれ、お気に入りの巣があります。自分のお気に入りの巣に、ほかの鶏が入って卵を産んでいるときは、その巣の前で順番を待つそうです。

金網以外に何もないバタリーケージで育てられた鶏と、敷きワラの上で育てられた鶏に巣箱を与えると、敷きワラの上で育てられた鶏は、じきに巣箱から離れたが、ケージで育てられた鶏は、巣箱に夢中になって、そこからなかなか離れなかった。
(科学情報誌new scientistより引用)

安全な場所がある

被食種である鶏は、自分自身を捕食者から守るために安心できる止まり木が必要です。

ケージの中に止まり木はありません。「実際にはケージの中にいて、捕食者はいない」ということは問題になりません。逃げ場が欲しいというのは鶏の本能です。捕食者の手が届かず、なおかつ様子をうかがうことが出来る止まり木を、鶏は必要としています。高いところに上り、足で足場をしっかりつかんで止まる、という行為は鶏の体を丈夫に保つためにも必要です。

ツツクという行為ができる

鶏は一日に15000回地面をつついて過ごす生き物です。

ほかのほとんどの動物と同様、鶏も一日の多くの時間を採餌行動に費やします。自然環境では雌鶏は1日の50%をクチバシで嘴で地面をつついたり、肢で地面をひっかきながら餌を探して過ごします。餌を探す必要のないだけの餌を与えたとしても、鶏の採餌行動は収まらないでしょう。採餌行動の動機は明らかになっていませんが、鶏の本能に紐づけられた強い欲求だと考えられます。しかしケージの床は金網で、採餌行動を満たすことのできる地面はありません。

空調が利いた室内で、餌や水が目の前にあり、糞をしたら金網の下に落ちる、という衛生的な飼い方と、日陰と日向が混在し、暑さ寒さを自分でしのがねばならず、わらの上からくちばしでつついて餌を探さねばならない屋外飼育を、鶏に選択させたところ、鶏は後者を選択した。
-「動物たちの幸せとは何か」佐藤衆介氏著

体を清潔に保てる

人間と同じで、鶏も体をきれいに保ちたいという気持ちがあります。特に鳥類は羽が汚れることをとても嫌います。そのために必要なのは日光浴、砂浴び、羽繕いなどのグルーミングです。しかしウインドウレス鶏舎の中では鶏たちは一生太陽の光を浴びることはできません。開放鶏舎(窓があり、夏季はカーテンを開け冬季は閉じることで、空調管理する鶏舎)で夏季に太陽を見ることができたとしても、狭いケージの中では羽を広げて虫干しできるスペースはありません。

砂浴びも鶏にとって必要なものです。自然な環境で飼育されている鶏は、羽やクチバシ、足など全身をつかって土や砂を体にふりかけ砂浴びをします。羽や皮膚についた寄生虫や汚れを落とすこの行為をしているとき、鶏達はとてもうっとりした表情をし、目を細めます。ぐるぐると気持ちのよさそうな声を出します。しかしケージの中に砂浴び場は用意されていません。砂浴び場がなくても鶏は羽をばたつかせ砂浴びの真似事をします。が体はきれいになりません。

鳥類には尾腺(びせん)があり、そこから分泌される油をクチバシで器用にすくいとり、羽根にまんべんなく伸ばし、鶏は羽繕いをします。しかし他の鶏と折り重なるように詰め込まれている狭いケージのなかでは、十分な羽繕いはできず、時に上から落ちてくる糞や同じケージに入れられている他の鶏の糞が体に付着し、体が汚れていきます。

ケージから解放された鶏

ケージの中では生涯、生きる喜びを味わうことができません。

彼の心は変わった。
彼はもう、鶏たちをと殺場へ送りたくなかった。
彼はもう二度と、ケージに鶏を閉じ込めないと誓った。
彼女は、やさしくそっとケージから連れ出された。
彼女は普通のことができるようになった。
羽を広げることができ
肢の爪で地面をひっかくことができて
こころゆくまで砂浴びをする
巣をつくり、プライベートな場所で卵を産むことができる
足の裏に土の感触があり、羽は太陽の光を感じる
あなたが卵を産んでも産まなくても関係ない。
あなた自身が、かけがえのない鶏だから。

― Edgar’s Mission
残酷さより、思いやりを選ぼう。

「三歩歩けば忘れる」などと揶揄されることもある鶏。
でも実際には高い認知力をもち、自然界で暮らすことができたら複雑で愛情のある社会生活を営む生き物です。

鶏は、犬・チンパンジー・ゾウ・イルカ、さらに人間のような他の高度に知能のある種と同等だという様々な研究報告がなされています。

鶏と共に過ごし経験を共有すると、かれらがいかに感情豊かで賢く、私たちと同じように社会生活を営む動物であるかが分かります。
かれらのクルミサイズの小さな脳の中で、鶏たちは私たちが想像するよりはるかにたくさんのことを考え、生きる喜びを味わったり苦しんだりしています。

多くの研究が、鶏には巣、止まり木、つつけるもの、砂浴び場が必要なことを示しています

▼巣の必要性についてのレポート

-Baxter M. (1994) The welfare problems of laying hens in battery cages. The Veterinary Record 134(24):614-9. (LINK ABOVE)
-Cooper J.J. & Appleby M.C. (1995) Nesting behaviour of hens: Effects of experience on motivation. Applied Animal Behaviour Science 42, Issue 4:283-295.
-Cooper J.J. & Appleby M.C. (2003) The value of environmental resources to domestic hens: a comparison of the work-rate for food and for nests as a function of time. Animal Welfare 12(1):39-52.
-Cronin, G.M., Barnett, J.L. & Hemsworth, P.H. (2012). The importance of pre-laying behaviour and nest boxes for laying hen welfare: a review. Animal Production Science 52: 398-405.
-Duncan IJ H, John Savory, & D.G.M. Wood-Gush. (1978) Observations on the reproductive behaviour of domestic fowl in the wild. Applied Animal Ethology 4(1):29-42
-Duncan I.J.H. (1998) Behavior and behavioral needs. Poultry Science 77(12):1766-72.
-Duncan I.J.H. & Kite V.G. (1989) Nest site selection and nest-building behaviour in domestic fowl. Animal Behaviour 37(2):215-31.
-Follensbee M.E., Duncan I.J.H., & Widowski T.M. (1992) Quantifying nesting motivation of domestic hens. Journal of Animal Science 70(Suppl.1):164.
-Follensbee M. (1992) Quantifying the nesting motivation of hens. Dissertation, University of Guelph, Ontario, Canada
-Yue S. & Duncan I.J.H. (2003) Frustrated nesting behaviour: relation to extra-cuticular shell calcium and bone strength in White Leghorn hens. British Poultry Science 44(2):175-181.
-Weeks C.A. & Nicol C.J. (2006) Behavioural needs, priorities and preferences of laying hens. World’s Poultry Science Journal 62:296-307.
-Wood-Gush D.G. & Gilbert A.B. (1973) Some hormones involved in the nesting behaviour of hens. Animal Behaviour 21(1):98-103.

▼止まり木の必要性についてのレポート

-Appleby M.C. & Duncan I.J.H. (1989) Development of perching in hens. Biology of Behaviour 14:157-168.
-Baxter M. (1994) The welfare problems of laying hens in battery cages. The Veterinary Record 134(24):614-9.
-Blokhuis, H.J. (1983). The relevance of sleep in poultry. World’s Poultry Science Journal 39:33-37.
-Blokhuis HJ. (1984) Rest in poultry. Applied Animal Behaviour Science 12:289-303.
-Duncan E.T., Appleby M.C., & Hughes B.O. (1992) Effect of perches in laying cages on welfare and production of hens. British Poultry Science 33(1):25-35.
-EFSA, (2015) Scientific Opinion on welfare aspects of the use of perches for laying hens. Panel on Animal Health and Welfare. EFSA Journal: EFSA Journal 2015;13(6):4131.
-Hughes B.O., Wilson S., Appleby M.C., & Smith S.F. (1993) Comparison of bone volume and strength as measures of skeletal integrity in caged laying hens with access to perches. Research in Veterinary Science 54(2):202-206.
-Olsson I.A.S. & Keeling L.J. (2000) Night-time roosting in laying hens and the effect of thwarting access to perches. Applied Animal Behaviour Science 68(3):243-256.
-Olsson I.A.S. & Keeling L.J. (2002) The push-door for measuring motivation in hens: laying hens are motivated to perch at night. Animal Welfare 11(1):11-9.
-Schrader L. & Müller B. (2009) Night-time roosting in the domestic fowl: The height matters. Applied Animal Behaviour Science 121:179–183.
-Struelens E. & Tuyttens F.A.M. (2009) Effects of perch design on behaviour and health of laying hens. Animal Welfare 18:533-538.
-Weeks C.A. & Nicol C.J. (2006) Behavioral needs, priorities and preferences of laying hens. World’s Poultry Science Journal 62:296-307.
-Wilson S., Hughes B.O., Appleby M.C., & Smith S.F. (1993) Effects of perches on trabecular bone volume in laying hens. Research in Veterinary Science 54(2):207-11.

▼つつくことのできる地面や砂浴びの必要性についてのレポート

-Aerni V., El-Lethey, H. & Wechsler, B. (2000) Effect of foraging material and food form on feather pecking in laying hens. British Poultry Science 41(1).
-Baxter M. (1994) The welfare problems of laying hens in battery cages. The Veterinary Record 134(24):614-9.
-Blokhuis H.J. (1989) The effect of a sudden change in floor type on pecking behaviour in chicks. Applied Animal Behaviour Science 22(1):65-73.
-Dawkins M.S. (1989) Time budgets in Red Junglefowl as a baseline for the assessment of welfare in domestic fowl. Applied Animal Behaviour Science 24:77-80.
-Duncan I.J.H & Hughes B.O. (1972) Free and operant feeding in domestic fowls. Animal Behaviour 20:775-7.
-de Jong, I., Gunnink, H., Rommers J. & van Niekerk, T. (2010) Effect of substrate during early rearing of laying hens on the development of feather pecking behavior, Wageningen UR Livestock Research, rapport 333.
-Gunnarsson S., L.R. Matthews, T.M. Foster & W. Temple. (2000) The demand for straw and feathers as litter substrates by laying hens. Applied Animal Behaviour Science 65: 321-330.
-Huber-Eicher, B. & Wechsler, B. (1998) The effect of quality and availability of foraging materials on feather pecking in laying hens. Animal Behaviour 55: 861-873.
-Johnsen P.F., Vestergaard K.S. & Nørgaard-Nielsen G. (1998) Influence of early rearing conditions on the development of feather pecking and cannibalism in domestic fowl. Applied Animal Behaviour Science 60:25-41.
-Lambton, S.L., Knowles, T.G., Yorke, C. & Nicol, C.J. (2010) The risk factors affecting the development of gentle and severe feather pecking in loose housed laying hens. Applied Animal Behaviour Science 123 (1-2):32-42.
-Murillo, A.C. & Mullens, B.A. (2016) Timing diatomaceous earth-filled dustbox use for management of northern fowl mites (acari: macronyssidae) in cage-free poultry systems. Journal of Economic Entomology 109:2572-2579.
-Martin C.D. & Mullens B.A. (2012) Housing and dustbathing effects on northern fowl mites (Ornithonyssus sylviarum) and chicken body lice (Menacanthus stramineus) on hens. Medical and Veterinary Entomology 26:323-333.
-Nicol C.J., Lindbert A.C., Phillips A.J., Pope S.J., Wilkins L.J. & Green L.E. (2001) Influence of prior exposure to wood shavings on feather pecking, dustbathing and foraging in adult laying hens. Applied Animal Behavior Science 73:141-155.
-Olsson, I.A.S. & Keeling, L.J. (2005) Why in earth? Dust bathing behaviour in jungle and domestic fowl reviewed from a Tinbergian and animal welfare perspective. Applied Animal Behaviour Science 93: 259-282.
-Savory C.J., Wood-Gush D.G.M. & Duncan I.J.H. (1978) Feeding behaviour in a population of domestic fowls in the wild. Applied Animal Ethology 4:13-27.
-Tahamtani, F.M., Brantsæter, M., Nordgreen, J., Sandberg, E., Hansen, T.B., Nødtvedt, A. Rodenburg T.B., Moe, R.O. & Janczak, A.M. (2016) Effects of litter provision during early rearing and environmental enrichment during the production phase on feather pecking and feather damage in laying Hens. Poultry Science 95(12):2747-2756.
-Van Liere D.W. & Bokma S. (1987) Short-term feather maintenance as a function of dust bathing in laying hens. Applied Animal Behaviour Science 18:197-204.
-Vestergaard K.S, Skadhauge E., & Lawson L.G. (1997) The stress of not being able to perform dustbathing in laying hens. Physiology and Behavior 62(2):413-9.
-Vestergaard K. (1982) Dustbathing in the domestic fowl: diurnal rhythm and dust deprivation. Applied Animal Ethology 8:487-95.
-Vestergaard K.S., Damm B.I., Abbott U.K., and Bildsoe M. (1999) Regulation of dustbathing in feathered and featherless domestic chicks: the Lorenzian model revisited. Animal Behaviour 58(5):1017-25.
-Weeks C.A. & Nicol C.J. (2006) Behavioral needs, priorities and preferences of laying hens. World’s Poultry Science Journal 62:296-307.
-Widowski T.M. & Duncan I.J.H. (2000) Working for a dustbath: are hens increasing pleasure rather than reducing suffering? Applied Animal Behaviour Science 68(1):39-53.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE