LOADING

Type to search

【世界一斉キャンペーン】大手ハンバーガーチェーン バーガーキングにケージ卵の使用廃止を求めます

世界一斉キャンペーンスタート!

この度、アニマルライツセンターは、バーガーキングを経営する(株)ビーケージャパンホールディングスに対し、世界のサプライチェーン全体でケージフリーの卵のみを調達することを約束することを求める、OWAのグローバルキャンペーンに世界中の動物保護団体とともに参加します。ケージ飼育廃止のための国際的な連盟 Open Wing Alliance(OWA)にはアフリカ、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニア、南アメリカから80以上の動物保護団体が参加しており、アニマルライツセンターもその一員です。

すでにバーガーキングは北米、ラテンアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドを含む世界各地の市場とヨーロッパ、中東、アフリカの朝食メニューに使う卵について、ケージ卵の調達を停止すると約束しています。タイとインドネシアのフランチャイズ加盟店も、メニューからケージ卵をなくすことを約束しました。しかしバーガーキングはアジアの消費者に対しては、きわめて不誠実な態度を続けています。バーガーキングを経営するRBI社(日本においては株式会社ビーケージャパンホールディングス)は、アジア地域を含む世界的なケージフリー・ポリシーを発表することを拒否しているのです。同社はアニマルライツセンターからの問い合わせに対しても「食材の調達に関しては答えられない」と回答しました。メニューに卵と記載されていなくても、調味料を含む食材調達のサプライチェーン全体に同社は責任を持ち、100%のケージフリーポリシーを日本を含む世界全体で発表すべきであると要望します。

バーガーキングへ意見をとどけてください

日本でもおなじみのハンバーガーチェーン”バーガーキング”は、現在、アジアパシフィック地域で急速な国際展開をしています。昨年はアジア太平洋地域で3.000点目の店舗をオープンしたそうです。この世界的にも有名なハンバーガーチェーンに、日本を含めたすべての国でケージフリーのポリシーを発表してもらうためには、日本の消費者の力が必要です。

署名へのご協力と拡散をお願いします。

日本でバーガーキングを経営する(株)ビーケージャパンホールディングスへ日本を含むアジア地域でのケージフリーを求める意見をとどけてください。
また#バーガーキング のタグをともにSNSでもお願いしてください。
バーガーキングfacebookページ
バーガーキングTwitterページ
バーガーキングのウェブサイト

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE