LOADING

Type to search

過密な舎飼い育成のうえに、豚たちは輸送中の過剰な詰め込み、熱ストレスにも耐えなければなりません。

あるアメリカ合衆国の養豚専門家はこう述べています。

輸送中の死亡による損失はとても大きい。それは年に8百万ドルを超えるほどだ。しかしなぜ我々ができる限り多くの豚をトラックに詰め込もうとするかは想像するに難くない。その方が安上がりだからだ。これは倫理の問題である。毎年8万もの豚がそのせいで死に追いやられているというのに、一匹あたり25セントの輸送費を浮かせるためにトラックをぎゅうぎゅう詰めにするのは正しいことだろうか。

その先に待ち受けているのは大変な恐怖と苦痛と死です。

アメリカ合衆国の人道的な屠殺方法に関する法令によれば、食肉処理場で豚たちが脚から逆さに吊るされ出血多量の死を迎えさせられる前に、原則として彼らは電気ショックで意識不明にさせられます。
しかし、電気ショックで死ぬのではなく、失血死であり、気絶したのではなく、単に麻痺をして動けないだけの豚もいます。
動物たちが意識のあるまま吊るされ、宙を蹴り抵抗しているところを解体処理担当者がナイフで首を一突きしようとする、というような光景がよく見られます。

日本の豚の屠殺も同様に、電気ショックを与えられ、動けなくなった後、胸のあたりの頚動脈を切り放血し、失血しさセル方法で行われています。
生きたまま失血させるのは、血液が固まってしまうと、血が肉に残ってしまうためです。

豚たちは足をばたつかせることが多々あります。
「反射で動いているだけだ」、「苦しいかどうかはわからない」などの言い訳は多く聞こえてきますが、明らかに、死ぬまでに彼らは恐怖を感じ、そして電気ショックは強烈な痛みを伴います。
そして、毎日大量の豚を殺し続ける中で、かつ、個体差が大きい中で、一律の作業で完璧に失神させることなどは、不可能なことなのです。

動物福祉が日本よりもはるかに進んでいる英国ではスタニングの失敗率は20%*6、ドイツでは12.5%*5であったといいます。ドイツ、オーストリア、スイス別の研究でも、12% (ペン式)、21% (トラップ式)、 31% (自動式) 、13% (CO2)であったことがわかっています*9。頭と心臓の2段階電気ショックを与える方法は事故率が少なかったという結果*10が得られていますが、電気ショックは相当の痛みがあることを忘れてはならないでしょう。
(日本の畜産動物福祉はDレベル、ドイツBレベル、英国とオーストリアとスイスはAレベル*7)

品川にある東京都中央卸売市場食肉市場は二酸化炭素で意識を失わせるガススタニングという方法をとっていますが、この方法は非人道的です。海外でも二酸化炭素にアルゴンや窒素を混ぜて行うガススタニングが行われていますが、その残酷さから廃止すべきとし、より安楽なガススタニングを研究中であるとしています。
二酸化炭素は、豚にとても強く嫌悪感をもたらします。二酸化炭素を吸入すると、粘液膜の刺激により急性呼吸困難が起こり*1 *2、呼吸困難は、過呼吸、息切れ、喘ぎ、窒息を引き起こします*3 *4 。


写真 L214

動物は人間の言葉で痛みを訴えることはできませんが、痛みが私達のものよりも小さいということはありません*8。日本には肉質に関するものはあれど、屠殺時の痛みを研究した論文はあまりありません。世界はそうではありません。少しでも痛みの少ない、失敗の少ない方法が何であるのか、失敗するのはなぜなのか、多くの研究が行われています。

定義上、無意識の患者は痛みを感じているとは言えないが、感じているかもしれないということを示すデータはある。 (McQuillen, 1991, p. 373-374)

いつか、無意識時の痛みも立証され、さらに苦しみのない屠殺方法ができることになるのかもしれません。どの職業でも会社でも同じですが、改善し、進化し続けることでのみ、産業・企業は生き残ることができます。科学に基づいた議論を望みます。

屠殺
写真 Animal Equality

 

*1  http://lwcc.instantbusiness.co.za/Portals/306/News/Articles/WELFARE%20IMPLICATIONS%20OF%20THE%20GAS%20STUNNING.pdf Raj ABM and Gregory NG. 1996. Welfare implications of the gas stunning of pigs 2. Stress of induction of anesthesia. Animal Welfare 5:71-78.
*2  https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8120581 Peppel P and Anton F. 1993. Responses of rat medullary dorsal horn neurons following intranasal noxious chemical stimulation:effects of stimulus, intensity, duration, and interstimulus interval. Journal of neurophysiology 70
*3 https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/45 Opinion of the Scientific Panel on Animal Health and Welfare on a request from the Commission related to welfare aspects of the main systems of stunning and killing the main commercial species of animals. 2004. The EFSA Journal 45
*4 https://www.ingentaconnect.com/contentone/ufaw/aw/2008/00000017/00000004/art00002 Rodriquez P, Dalmau A, Ruiz-de-la-Torre JL, Manteca X, Jensen EW, Rodriguez B, Litvan H, and Velarde A. 2008. Assessment of unconsciousness during carbon dioxide stunning in pigs. Animal Welfare 17
*5 Spiegel Online (2012): Regierung rügt Tierquälerei in Schlachthöfen. Available at: http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/schlachthoefe-arbeiten-mit-hoher-fehlerquote-tiere-leiden-unnoetig-a-840156.html [03.03.2018]
*6 Anil, M.H. & McKinstry, J.L. (1993). Results of a survey of pig abattoirs in England & Wales. London: MAFF Meat Hygiene Division. Reciprocation
*7 world Animal Protection http://api.worldanimalprotection.org/?_ga=1.231983257.78416652.1454904382
*8 Gibson, 2009
*9 Identifying reasons for stun failures in slaughterhouses for cattle and pigs: a field study, von Wenzlawowicz, M; von Holleben, K; Eser, E

 

Tags:

You Might also Like

9 Comments

  1. 太郎 2018/05/29

    豚が可愛そう? ふーん、
    俺は何とも思わないな。
    仕方ないじゃんw

    新鮮な美味しいお肉食べたいし、
    安く食べたい。栄養満点だしw
    うちの犬も豚肉大好きだしなw

    動物愛護論て、なーんか胡散臭さと
    偽善っぽさが感じられる。

    返信
    1. じゃあお前の来世が家畜でも文句言うなよw

    2. 自分が豚だったら同じように殺されても仕方ないの?君を憎んだ人から殺されても仕方ない、でいいの?

    3. サンダー 2018/08/18

      太郎君の意見って小学生以下だね。もっとマシな意見考えてね。

    4. Pong 2018/08/30

      じゃあ君の家の犬を殺してその肉を食っても構わないね?
      「犬を殺したら可哀想」なんて言うのは君が嫌ってる偽善の動物愛護だからな。

  2. 安全圏からぬくぬくとただ安く肉が食いたいから痛めつけていい、苦しんでいいと豪語するやつのほうがよっぽど信用できないし胡散臭い。自分の欲のためなら他の命をどこまでも値踏みするんじゃないかと怖くて預けたりできない。自分で屠殺して食えばいいんだよ。それでなおもイキがった台詞言えたら好きにすればいいよ。

    返信
  3. Junko.m 2018/07/18

    人間のエゴで苦しみを受ける為に産まれてくる。それも人工的に。このしっぺ返しはいつか自分達人間に帰って来るよ。それも近い未来に。気づいた人から変えて行こうよ。動物は食品じゃ無く、
    友達だよ。

    返信
  4. とーん 2018/08/24

    まぁ、雑食(ほぼ肉食)の人間にとっては、肉ってものは必要不可欠だけどね。屠殺方法は、考え直した方がいいかもね。あと、こういった動画が撮影されるのは、決まって先進諸国なんだよね。発展途上国では、こうした議論は起こらないわけだから。

    返信
  5. ぇごいすと 2018/10/16

    人間も自然の一員なのだから、ライオンとか、他の肉食動物のように他の命をいただく必要はあると思います。
    本当に無くすべきなのは、食品ロスなどの頂いた命を無駄にすること。
    そして、商業としてどんどん家畜を際限なく屠殺するのでは無く、しっかりと行政が間に入って一年あたりの総屠殺数を決めるべきだと思います。
    そうすれば、もっと良い環境を家畜たちに与えられるだろうし、食品ロスなどの命を無駄にすることも減ると思います。
    動物は他の命を犠牲にして生きる、罪深い生き物なのです。
    大切なのは命を無駄にしないことだと思います。

    返信

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE