土壌侵食と肉食

2013/05/15

201305150101_1.jpg森林や草原を破壊した後、放牧が行われる。
そこで起きているのが、土壌の侵食だ。

家畜の放牧地になった土地は、単一種(家畜)のみが存在する土地と変化する。
その土地は、家畜の過放牧により植物は食いつくされ、次第に侵食される。

世界の放牧地の60%はすでに荒廃している。

*牛の糞は水分が非常に多いため窒素をすぐに空気中に放出してしまうため土にほとんど還ることがなく、そのまま固形化する。
 (レイヨウなど野生動物の糞は乾燥した小さな固形であるため、窒素を含み、土地の肥料になる )

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube


ページ最上部へ