LOADING

Type to search

雌雄鑑別

卵から孵った瞬間、レールに乗せられ、オスはフォアグラ用のレーンに、メスは生きたままミンチにされたり、袋詰めにされ窒息させられ、廃棄される。メスの肝臓は静脈から遠く、適していないとされる。フォアグラの生産方法

成長期

3ヶ月間(81日以上)、屋外で飼育される。強制給餌による過酷な肝臓肥大に耐えられるよう、体力をつけさせる。

監禁

鳥たちは自分の体がぎりぎり入る檻に拘束される。この場合は、羽づくろいや、そもそも羽を伸ばすことも、きちんと立ち上がることも、向きを変えることも、何もできない。できるのは、首を伸ばすことだけである。
最大の生産国であるフランスでは、87%以上がこの方法である。
よりましな環境の場合では、暗い囲いに20羽ほどづつ入れられる。

強制給餌

強制給餌(ガバージュ)期間は最低でも12日以上で、長いほうがよいとされる。3週間から4週間行われる施設が多い。餌は蒸したとうもろこしと油性混合物。
ガチョウの場合は1日3回、鴨の場合は1日2回強制給餌が行われる。毎日与える混合物の量は増加される。

強制給餌

強制給餌の方法

  1. 手で鳥の頭とくちばしを掴み、口をあけさせる
  2. ​50cmの長さの鉄パイプを、鳥の口に突き刺す
  3. 彼らの体の1/4~1/3もの量のとうもろこしの粉と油の混合物を、鉄パイプを通して、胃に押し込む
  4. 鉄パイプを引く抜く
  5. ​胃は痙攣するが、吐き出せない状態で嗚咽を繰り返す
  6. ​この工程が、一日2~3回、3~4週間、続けられる

鳥の状態

この残忍な処理は鳥の健康を破壊する。

3~4週間で、彼らの肝臓は標準サイズの10倍に膨れあがる。
肝臓が他の器官を圧迫し、気嚢と肺を圧迫し呼吸困難を起こし、息をすることが難しくなる。

また、脚に不自然な角度に足を

外側に共生的に動かされ、歩くことも出来なくなる。

フォアグラ畜産場のアヒルが、彼らの不自由な片足がもはや自分自身すら支えることができない。
翼を使って自己顕示するかのように、立って喘ぎ、もがき苦闘している姿が観測された。
動こうともがくことで、彼らの飛節(脚)と竜骨(胸部)の感染しそうに傷が開いた床ずれを、いっそう膿み、ただれさせる。

通常の羽づくろいはもとより、水を飲む行為すらできなくなる。

肝臓機能は著しく低下。医学的には、肝リピドーシスや肝臓脂肪変性と呼ばれる機能不全の状態にある。
※肝臓は血液から毒素を一掃するための器官であるため、肝臓が機能しなくなると、体中に異常が起きる。

死亡率

死亡率は、フォアグラ用以外のアヒル畜産場の20倍にも上る。
死因は、
「パイプが首の内側を傷つける」
「慢性の肝臓病」
「強制給餌による窒息」
などだ。

検死では、肥大した肝臓、引き裂かれた器官、食道炎、肺炎、喉と食道に残った未消化のコーン、口内のバクテリアと菌の増殖、趾瘤症でただれた足で苦しんでいたことが露見した。
さらに、鳥を首を折って殺す飼育業者がしばしば撮影されている。

ぬれた首

この強制給餌を通し、彼らの乱れた羽は、巻きあがって、汚物と油で覆われ、彼らの多くは、フォアグラ業者が「ぬれた首」と呼ぶ状態になり、彼らの羽毛が汚物でおおわれる。

屠殺

そして、最後は、と殺上に移送され、喉を切り裂いて失血死で殺害。
「フォアグラ」となった病的な肝臓を取り出す。

写真:L214 / Animal Equality

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE