LOADING

Type to search


2015年 日本の肥育牛舎

粘土のように見える床は、堆積した糞です。おそらくもともとはサラサラのオガ粉が敷かれていたのでしょう。そこにオガ粉の吸収力をうわまわる糞尿が排泄されて混じり、ネタネタなってしまっています。

その上に牛は寝ます。後ろ脚についている白い斑点は、床の糞尿がこびりついてヨロイのようにカチカチに固まってしまった状態です。
本来ならこのような汚れた敷料は入れ替えされるべきですが、されていません。
パッキングされてスーパーに小奇麗に並べられた肉からは想像もできない汚さです。

ハエが飛び交う中を、快適な場所を求めて狭い囲いの中をウロウロしますがどこを探しても糞まみれで、横たわるのは糞の上しかありません。

こういった飼育方法は本来ならば動物愛護管理法違反です。(赤字はアニマルライツセンターが強調)

第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。
2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。
4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
一  牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

2016年 日本の肥育牛舎

畜産動物たちは私たちの生活から隔離されており、多くの人はその実態を知りません。
アニマルライツセンターに情報をお寄せ下さい。
内部告発は、隠された実態を暴き、社会を良い方向に導いていく行動です。

ホイッスルブローワー(警笛を吹く人)募集!動物の内情お寄せ下さい。
http://www.arcj.org/action/00/id=626

Tags:

You Might also Like

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

暴力的または攻撃的な内容が含まれる場合は投稿できません

SHARE