卵 - たまご

さつき 追悼

2017/02/14

さつきが永眠しました。
1ヶ月ほど前から体調を崩し、2月10日に永眠。
廃鶏として殺される直前にバタリーケージから救出されてから10ヶ月でした。

さつき、ゆっくりおやすみ。
そして、次は絶対にニワトリに生まれてくるんじゃないよ。


品種改変を繰り返され、さらに外の空気を遮断された薄暗い狭いケージで弱りきったこの子達は長くは生きられません。
結局卵を生むまでは回復できませんでした。
里親さんによると、カラの付いた卵は1回だけ産んだとのこと、それ以外は殻のない卵などを産んでいたそうです。
排卵できない体なのに体の栄養素を削って排卵してしまう体にされてしまっているのです。 

卵用のニワトリのケージ飼育を廃止してください。
あまりにも残酷です。
http://www.hopeforanimals.org/tamago/

カテゴリ毎記事一覧

飼育方法
動物福祉
キャンペーン・アクション

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube