牛乳-ミルク

乳牛の93.9%は、除角されている

2014/08/21

乳牛には角がないのが自然な光景?
それは間違いです。

ホルスタイン種でも、黒毛牛でも、角があります。しかし、日本の乳牛の93.9%は、生まれて約1年以内に除角されます。

除角の方法

201408210006_1-300x0.jpg生後まもなく(1週間以内を推奨)であれば、拘束し、角部分を焼きごてで焼きます。切断するよりは苦痛が少ないとされています。
しかし、日本では生後1週間以内の除角は2.8%に過ぎません。
また、苦痛はましとはいっても、生まれてすぐに、皮膚を熱された焼きごてでやけどさせられるのです。

3ヶ月以内であれば、ぎりぎりこの方法での除角は可能なようですが、その分、焼きごてを皮膚・角に押しあてる時間や回数が長くなります。
3ヶ月以内に行う割合は37.9% にすぎません。

残りの約60%はこの方法よりもダメージの大きい方法をとっています。
角が育ってきた後の除角は、ワイヤーのこぎりで、神経を含めて角を切り(当然激しく暴れるので拘束する)、焼きごてを押し当てます。
201408210006_2-300x0.jpg角には神経も血管も通っており、出血し、血が大量に噴き出ることもあり、失神してしまうこともあります。
術後、死に至ることも有り、傷が治るまで3ヶ月もかかる場合も有ります。

海外の法律

イギリス
麻酔なしで除角することは違法
2ヶ月齢以内に行う必要がある
訓練を受けた(獣医を推奨)者が、局所麻酔下で熱した鉄で行われなくてはならない
ハエや霜を避けるために、春や秋に行わなくてはならない
実施後、疼痛緩和と、感染予防を行う必要がある

201408210006_3-300x0.jpg問題点
上記のどの方法も、大変な苦痛を伴っています。
角が見えてきてしまっていれば、それは頭蓋骨から伸びている角を焼いたり、切ったりする行為であり、異常な虐待行為にあたります。
畜産農家は、激しい苦痛があることを当然知っていますが(だからこそ拘束する)、その改善策を取ろうとしていません。

解決方法
最低限、生後1週~2週などのストレスの低い時期に行うべきです。

また、代用品はすでに開発されています、それが、角カバーです。これをつけることで、安全で苦痛のない角による事故の防止が可能です。
icon_2.png角カバーのメーカーサイトへ

より根本的な解決方法は、あなたが乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト等)を食べないことです。

データ:畜産技術協会 乳用牛飼養実態アンケート調査より


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube